【市原市】これであなたもギタリスト!?

 2月16日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された、みんなで物づくり教室『一弦ギターを作ろう』。講師の森眞一さんは、物づくり教室を通してランプシェードや紙のコマなど簡単に面白く作れる作品を子ども達に教えている。「ストロー笛やリコーダーでは、短いものと長いもののどちらの方が高い音が出るでしょうか」という、森さんのクイズから講座がスタート。  
 参加者13名は約1時間半かけて、世界に一つだけのギターを作成。まず50センチほどの木の棒を使用して、両端に弦をかけるためのネジを埋め込む。あらかじめ印のついた位置にシールを貼って音階を書いてから、片端にカップ麺の空容器を両面テープで接着する。
 さらに、中心に丸く穴の空いたボール紙を貼りつけた後は、参加者自身の腕の見せ所。「シールやマスキングテープ、マジックなどでボール紙に飾りつけしましょう」と呼びかける森さん。「棒の部分にも絵を書いているよ、すごいね」、「丸いシールで梅の花をイメージしました」など参加者達はお互いの作品を見ながら紹介する。そして弦を張れば完成だが、ちょっぴりここで苦戦する人も。釣り糸の弦は緩んでいると綺麗な音が出ないため調整が必要だった。
 
 最後に、「弾く時に1回ずつ弦から指を離さなくても大丈夫です。指も弾きやすいものを使ってください」という森さんのアドバイスのもと、参加者たちは全員で『チューリップ』を演奏。「家で練習したいです」、「楽器を作ることはないので楽しかったです。先生の教え方も分かりやすかったです」と感想を話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  2.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  3.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  4. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  5.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  6. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  7. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…
  8.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  9. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  10. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…

ピックアップ記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る