【市原市】これであなたもギタリスト!?

 2月16日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された、みんなで物づくり教室『一弦ギターを作ろう』。講師の森眞一さんは、物づくり教室を通してランプシェードや紙のコマなど簡単に面白く作れる作品を子ども達に教えている。「ストロー笛やリコーダーでは、短いものと長いもののどちらの方が高い音が出るでしょうか」という、森さんのクイズから講座がスタート。  
 参加者13名は約1時間半かけて、世界に一つだけのギターを作成。まず50センチほどの木の棒を使用して、両端に弦をかけるためのネジを埋め込む。あらかじめ印のついた位置にシールを貼って音階を書いてから、片端にカップ麺の空容器を両面テープで接着する。
 さらに、中心に丸く穴の空いたボール紙を貼りつけた後は、参加者自身の腕の見せ所。「シールやマスキングテープ、マジックなどでボール紙に飾りつけしましょう」と呼びかける森さん。「棒の部分にも絵を書いているよ、すごいね」、「丸いシールで梅の花をイメージしました」など参加者達はお互いの作品を見ながら紹介する。そして弦を張れば完成だが、ちょっぴりここで苦戦する人も。釣り糸の弦は緩んでいると綺麗な音が出ないため調整が必要だった。
 
 最後に、「弾く時に1回ずつ弦から指を離さなくても大丈夫です。指も弾きやすいものを使ってください」という森さんのアドバイスのもと、参加者たちは全員で『チューリップ』を演奏。「家で練習したいです」、「楽器を作ることはないので楽しかったです。先生の教え方も分かりやすかったです」と感想を話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る