【市原市】これであなたもギタリスト!?

 2月16日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された、みんなで物づくり教室『一弦ギターを作ろう』。講師の森眞一さんは、物づくり教室を通してランプシェードや紙のコマなど簡単に面白く作れる作品を子ども達に教えている。「ストロー笛やリコーダーでは、短いものと長いもののどちらの方が高い音が出るでしょうか」という、森さんのクイズから講座がスタート。  
 参加者13名は約1時間半かけて、世界に一つだけのギターを作成。まず50センチほどの木の棒を使用して、両端に弦をかけるためのネジを埋め込む。あらかじめ印のついた位置にシールを貼って音階を書いてから、片端にカップ麺の空容器を両面テープで接着する。
 さらに、中心に丸く穴の空いたボール紙を貼りつけた後は、参加者自身の腕の見せ所。「シールやマスキングテープ、マジックなどでボール紙に飾りつけしましょう」と呼びかける森さん。「棒の部分にも絵を書いているよ、すごいね」、「丸いシールで梅の花をイメージしました」など参加者達はお互いの作品を見ながら紹介する。そして弦を張れば完成だが、ちょっぴりここで苦戦する人も。釣り糸の弦は緩んでいると綺麗な音が出ないため調整が必要だった。
 
 最後に、「弾く時に1回ずつ弦から指を離さなくても大丈夫です。指も弾きやすいものを使ってください」という森さんのアドバイスのもと、参加者たちは全員で『チューリップ』を演奏。「家で練習したいです」、「楽器を作ることはないので楽しかったです。先生の教え方も分かりやすかったです」と感想を話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る