ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 ミツバチを飼っていると、毎年春に起こる分蜂が年々早くなっている事に気づきます。人間がミツバチから受ける恩恵は蜂蜜だけではありません。世界中の野菜や果実など、作物の受粉のおおよそ7割はミツバチによって成立しているのです。
 温暖化、或いは農薬(特にネオニコチノイドという虫の神経系に作用する農薬。2018年にはEU全体で使用全面禁止、ロシア・中国など多くの国々も追従する。米国でも禁止する動きが出ているが、日本では禁止するどころか残留基準値を毎年緩和)の使用によって生態系のバランスを失い、その数は急激に減少しています。ミツバチが地上から居なくなれば、我々もまたいつかその代償を支払わなければならないのです。
畑でズッキーニが収穫出来ました。それにアサリ、レモングラス、バターを合わせて爽やかなレモンの香りが漂うスープを作ってみましょう。

・材料(2人分)
ズッキーニ黄・緑、ニンジンを各100gずつ、生姜10g、ニンニク1片(※以上の各材料は細かく刻む) アサリ又はハマグリ(小サイズ)30個程 レモングラスの葉3本程(適当な長さに切る) バター 50g、コンソメキューブ1個、水500㎖、塩胡椒少々

・作り方
1.オリーブオイルを引いたフライパンにニンニクを入れ、軽く炒めて香りを移す。
2. 1に薄く刻んだズッキーニとニンジン、バターを加え、しんなりするまで炒める。
3.水を入れた鍋に適当な長さに切ったレモングラスを入れ、沸騰させて3分程したら葉を取り出し、2で炒めたズッキーニ・ニンジンと、残ったソース・アサリ・生姜・コンソメキューブを入れ、塩胡椒を振り、アクを取りながら暫く弱火で煮込む。
4.皿に盛り付け、形を整えたら出来上がり。
レモングラスは整腸作用があり、食欲の落ちる夏の暑い期間には適したハーブと言えます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る