五井新田祭囃子保存会に支援金35万円 夢まるふぁんど委員会【市原市】

「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(国際)支援事業」の贈呈式を行い、五井新田祭囃子保存会(松本浩文会長)に支援金35万円を贈った。
 同委員会は千葉日報社、千葉テレビ、ベイエフエムの県内メディア3社と千葉県遊技業協同組合が運営。社会貢献活動として、2005年から文化支援事業を展開している。
 贈呈式では、同組合の長谷部進副理事長が「祭り囃子の継続のために必要な備品をそろえ、文化事業として長く続けていただければ」と目録を贈呈。同保存会はお面やちょうちんなどの備品修繕に支援金を充てる予定で、出席した松本会長ら会員5人は「ますます伝統芸能、文化の継承に力を入れたい」などと感謝した。
 五井新田祭囃子は、大宮神社(同市五井)の秋季大祭で「家内安全・五穀豊穣」を祈願して奉納するお囃子。2004年には同市から無形文化財の指定を受けた。

 

※写真説明 五井新田祭囃子保存会の松本浩文会長(左から3人目)に支援金を手渡す千葉県遊技業協同組合の長谷部進副理事長(左から2人目)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る