体協通信 楽しく元気な余暇活動を

市原市レクリエーション協会

 市原市レクリエーション協会は、平成9年に設立、同時に体育協会に加盟し18年が経ちます。
 私たちはレクリエーションを通して、市民の健康増進と余暇生活の向上に寄与することを目的としています。年間を通していくつかのイベントを実施し、依頼を受けて公民館や学校などへのレクリエーションの出前も行っています。主な行事は、「養老川リバーサイドウォーク」、「市レクセミナー」、「デイキャンプ」、「スポレクまつり」や「親子ふれあいフェスティバル」などです。参加したたくさんの方々に喜んで頂いています。
 リバーサイドウォークでは、毎年リピーターも増え、早春の養老川沿岸を桜や梨の花の中を歩きゆったりとした一日を過ごします。今年も4月5日に五井駅から出発です(ぜひご参加ください)。デイキャンプでは真夏にもかかわらず、農業センターでゲームをしたりバーベキューに舌鼓をうって、楽しい一日を過ごしています。スポレクまつりも小学生を中心に、ニュースポーツのゲームやちびっ子相撲など、多くの参加者が汗を流し楽しんでいます。これからは ニューエルダー(高齢者)向けの事業も計画するなどして、年間を通じて事業を実施できるようにと考えています。
 平成23年にはスポーツ振興法に変わりスポーツ基本法が制定され、この法律のなかでも、「スポーツレクリエーション」が重視されています。レクリエーションという言葉はレ+クリエイトということで、「もう一度作られる」=再生という意味を持っています。元気を取り戻して明るく生活するためにも、レクリエーションを役立たせて頂きたいと思います。
 今後もレクリエーション活動を振興普及し余暇活動の充実にむけて、レクリエーションの楽しさを一人でも多くの市民の皆さんに理解してもらえるよう、努力していくつもりです。ご協力よろしくお願いします。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る