この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活に於いて欠かせないもの。ここではハーブの持つ効能を紹介するだけでなく、それに付随して健康とは何かを考えて来たつもりです。
 現在日本は急速に高齢化社会に突入し、それに伴い健康食品やグッズも沢山販売されるようになってきました。食品売り場にはオーガニックの野菜や化学調味料無添加の製品の種類も豊富に並んでいます。一方、それに反して健康に害があるとされる食品添加物も一向に減る気配がないようです。それどころか材料の表示が複雑化し、一般の人には分かりにくいように変わって来ています。私たち消費者はそうした事に惑わされず、真の目を持って判断していかなければなりません。
 さて、今年から心機一転タイトルも新しく、ハーブや健康についてはもちろん、ガーデニングや養蜂、森の中での生活などをお伝えしていきたいと考えています。木々に囲まれた山村の一角に念願の土地を購入し、木々を伐採して小さな平家を建ててから約1年半が経ちました。長年の夢でもあった庭作りもやっと始まったばかり。チェンソーや薪ストーブの使い方も覚えました。伐採した木でシイタケ栽培も始めています。生活に必要な物はできる限り自分で作っていこうと思っています。
 森の中では今まで想像できないような思いがけないハプニングも沢山ありました。小鳥達の餌場を作ったら、それらを狙って蛇が来たり、家の中に巨大なムカデやスズメバチが迷い込んだり、植えた球根をイノシシに食べられてしまったり。芝生も夏を越えられずに全滅してしまいました。そのような失敗も含めて日々新しい事を経験し成長させてもらっている事を実感しています。まだまだ森の生活一年生ですが、わくわくする新しい冒険の始まりです。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る