この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活に於いて欠かせないもの。ここではハーブの持つ効能を紹介するだけでなく、それに付随して健康とは何かを考えて来たつもりです。
 現在日本は急速に高齢化社会に突入し、それに伴い健康食品やグッズも沢山販売されるようになってきました。食品売り場にはオーガニックの野菜や化学調味料無添加の製品の種類も豊富に並んでいます。一方、それに反して健康に害があるとされる食品添加物も一向に減る気配がないようです。それどころか材料の表示が複雑化し、一般の人には分かりにくいように変わって来ています。私たち消費者はそうした事に惑わされず、真の目を持って判断していかなければなりません。
 さて、今年から心機一転タイトルも新しく、ハーブや健康についてはもちろん、ガーデニングや養蜂、森の中での生活などをお伝えしていきたいと考えています。木々に囲まれた山村の一角に念願の土地を購入し、木々を伐採して小さな平家を建ててから約1年半が経ちました。長年の夢でもあった庭作りもやっと始まったばかり。チェンソーや薪ストーブの使い方も覚えました。伐採した木でシイタケ栽培も始めています。生活に必要な物はできる限り自分で作っていこうと思っています。
 森の中では今まで想像できないような思いがけないハプニングも沢山ありました。小鳥達の餌場を作ったら、それらを狙って蛇が来たり、家の中に巨大なムカデやスズメバチが迷い込んだり、植えた球根をイノシシに食べられてしまったり。芝生も夏を越えられずに全滅してしまいました。そのような失敗も含めて日々新しい事を経験し成長させてもらっている事を実感しています。まだまだ森の生活一年生ですが、わくわくする新しい冒険の始まりです。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る