春爛漫!花まつりで素敵な思い出を

 3月31日(土)、市原市根田にある浄土真宗本願寺派西光寺で開催された『花まつり』。地域住人含めて集った約30名は、まず副住職の吉弘一秀さんと一緒に合掌してスタート。「お釈迦様が誕生されたのは4月8日です。誕生された瞬間に天人たちは喜んでお花を降らせたというところから、本来は8日に開催するのが『花まつり』の由来です。ちょっと早いですが、親子で楽しんで行ってください」と話す、吉弘さん。
 この日は晴天、本堂から見える満開の桜に「綺麗だね」と目を細める参加者たち。子どもは、講師で木のスプーン作家の宮薗なつみさんと共にスプーン作りに挑戦。大人は昼食のカレーにつけて食べるナン作り、と二手に分かれての作業となった。
 「私の作る木のスプーンは一部に漆が塗ってありますが、ほとんど木そのものです。丸みを出すために切る部分以外は機械も使わない手作りです。スプーンは何の木か分かりますか?」と、宮薗さんが問うと、あちこちから「桧!」の答えが。型どりと簡単なやすりは済ませてあるので、子ども達は荒さの異なる3種類のヤスリを順番にかけ、最後に金槌で潰して抽出したクルミのオイルを塗ってスプーン作りは完成だ。
 大人たちも20分かけて生地をこね、「今回は強力粉だけでやっていますが、もっとパリッとした食感にしたければ薄力粉を足すといいですよ」など吉弘さんのアドバイスにも真剣に耳を傾けていた。生地はこたつで寝かせた後、西光寺のピザ窯で熱々に焼かれた。世界で一つだけのスプーンで食べる食事は格別だろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る