春爛漫!花まつりで素敵な思い出を

 3月31日(土)、市原市根田にある浄土真宗本願寺派西光寺で開催された『花まつり』。地域住人含めて集った約30名は、まず副住職の吉弘一秀さんと一緒に合掌してスタート。「お釈迦様が誕生されたのは4月8日です。誕生された瞬間に天人たちは喜んでお花を降らせたというところから、本来は8日に開催するのが『花まつり』の由来です。ちょっと早いですが、親子で楽しんで行ってください」と話す、吉弘さん。
 この日は晴天、本堂から見える満開の桜に「綺麗だね」と目を細める参加者たち。子どもは、講師で木のスプーン作家の宮薗なつみさんと共にスプーン作りに挑戦。大人は昼食のカレーにつけて食べるナン作り、と二手に分かれての作業となった。
 「私の作る木のスプーンは一部に漆が塗ってありますが、ほとんど木そのものです。丸みを出すために切る部分以外は機械も使わない手作りです。スプーンは何の木か分かりますか?」と、宮薗さんが問うと、あちこちから「桧!」の答えが。型どりと簡単なやすりは済ませてあるので、子ども達は荒さの異なる3種類のヤスリを順番にかけ、最後に金槌で潰して抽出したクルミのオイルを塗ってスプーン作りは完成だ。
 大人たちも20分かけて生地をこね、「今回は強力粉だけでやっていますが、もっとパリッとした食感にしたければ薄力粉を足すといいですよ」など吉弘さんのアドバイスにも真剣に耳を傾けていた。生地はこたつで寝かせた後、西光寺のピザ窯で熱々に焼かれた。世界で一つだけのスプーンで食べる食事は格別だろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る