春爛漫!花まつりで素敵な思い出を

 3月31日(土)、市原市根田にある浄土真宗本願寺派西光寺で開催された『花まつり』。地域住人含めて集った約30名は、まず副住職の吉弘一秀さんと一緒に合掌してスタート。「お釈迦様が誕生されたのは4月8日です。誕生された瞬間に天人たちは喜んでお花を降らせたというところから、本来は8日に開催するのが『花まつり』の由来です。ちょっと早いですが、親子で楽しんで行ってください」と話す、吉弘さん。
 この日は晴天、本堂から見える満開の桜に「綺麗だね」と目を細める参加者たち。子どもは、講師で木のスプーン作家の宮薗なつみさんと共にスプーン作りに挑戦。大人は昼食のカレーにつけて食べるナン作り、と二手に分かれての作業となった。
 「私の作る木のスプーンは一部に漆が塗ってありますが、ほとんど木そのものです。丸みを出すために切る部分以外は機械も使わない手作りです。スプーンは何の木か分かりますか?」と、宮薗さんが問うと、あちこちから「桧!」の答えが。型どりと簡単なやすりは済ませてあるので、子ども達は荒さの異なる3種類のヤスリを順番にかけ、最後に金槌で潰して抽出したクルミのオイルを塗ってスプーン作りは完成だ。
 大人たちも20分かけて生地をこね、「今回は強力粉だけでやっていますが、もっとパリッとした食感にしたければ薄力粉を足すといいですよ」など吉弘さんのアドバイスにも真剣に耳を傾けていた。生地はこたつで寝かせた後、西光寺のピザ窯で熱々に焼かれた。世界で一つだけのスプーンで食べる食事は格別だろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る