先日、畑仕事をしていたら1人の男性に「私は某不動産会社の者ですが、この土地は立地条件も良いので、アパートを建てられたらいかがかなと思い、声をかけさせて頂きました」と話かけられました。少々一方的に話を進められたので、困惑しながら「残念ながらこの土地は借りているもので、自分のものではありません」とお断りしました。

 こういう時、私はつい相手の方に問いかけてしまうことがあります。「人口減少をしているこの国で、あなたは自分の子どもにアパートや新しい道路、商業・娯楽施設などの人工物と、自然や田畑、どちらを残してあげたいですか?」と。もちろん、仕事は生きていくために必要で経済に関わることですから、そうしなければならないのは分かるので、営業行為を否定する気はありません。ですが地球温暖化が急激に進む今、この異常な暑さのために、人間だけでなく多くの生物が自然災害で命を落としています。微力ながら私たち一人ひとりが、今までの行動や習慣を見直さなければならない時ではないでしょうか?

 1960年代、レイチェルカーソンは自著「沈黙の春」の中で約60年も前に地球規模の環境破壊の危険性を主張しました。ですが我々はその進行を止めるどころか加速しながら突き進んでいます。WHOは『地球温暖化』の名称を『地球高温化』に変更しました。今年はこの異常な暑さで、キュウリやナスなど枯れてしまったものがあります。夏に収穫できる野菜が育たなくなっているのです。これ以上気温が高くなれば、すべての生物の生きる環境が過酷になります。それは人類も家畜も農作物も同じです。

 人類を含めすべての生物は、何十億年と命を繋いできました。しかし、我々の世代はたった数10年で、その均衡を破壊してしまっています。私たちが子孫に残さなければならないのは、壊れた地球環境ではなく、豊かな自然と限りある資源ではないでしょうか。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る