認知症の人が安心して暮らせる地域を目指して RUN伴(とも)2019千葉参加者募集【市原市】

 認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』。2011年にNPO法人 認知症フレンドシップクラブが始めたプロジェクトで、「認知症になっても安心して暮らしていける地域づくり」を目指し、7月から11月まで各都道府県を駆け抜けます。
 近年は、趣旨に賛同する全国各地の団体が『RUN伴+(プラス)』のイベントを行い、本来のRUN伴とは別に、多くの人がオレンジ色(認知症の人にやさしい町のテーマカラー)のTシャツを着て参加。千葉県の実行委員会でも11月2日(土)、県内18市町村が同日に『RUN伴2019千葉』を開催します。 市原エリアでは今年、市役所通りと山倉ダムで3コースを設定し、タスキリレーを実施。市原市認知症対策連絡協議会と市原市高齢者福祉施設協議会の共同プロジェクトで、市原市と市原市社会福祉協議会も協力して開催。ただ今、趣旨に賛同していただける方の参加を募集中です。
●RUN伴2019千葉/いちはら 11月2日(土) 9〜13時 市原市役所・新庁舎駐車場から10キロ、6キロ、2キロの3コース(図参照)
・チーム参加で1チーム3〜10名、10名以上の場合は2チームで参加
・移動方法:問いません。ジョギング、早歩き、ゆっくり歩き、車イス、杖歩行の方でもOK。ご自分のペースで参加できます。(車、バイク等は不可)
・スタート地点で全体の集合写真を撮影、スタートとゴール地点では太鼓演奏の予定、ゴール後はトン汁無料提供もあり ◇応募期間:9月30日(月)まで(参加費用の振り込み期限もあり)、スポーツエントリーシステムにて、webかFAXで www.sportsentry.ne.jp/ 問合せはフリーダイヤルTEL.0120・711・951 平日10〜17時半 ・参加費:エントリー手数料がプラス(web5%、FAX7%) 高校生以上2625円か2675円、中学生以下1575円か1605円、その他特別枠(認知症高齢者)1050円か1070円


◇イベントへの問合せ:実行委員会・恩田(青柳園)
TEL.0436・25・1611

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る