認知症の人が安心して暮らせる地域を目指して RUN伴(とも)2019千葉参加者募集【市原市】

 認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』。2011年にNPO法人 認知症フレンドシップクラブが始めたプロジェクトで、「認知症になっても安心して暮らしていける地域づくり」を目指し、7月から11月まで各都道府県を駆け抜けます。
 近年は、趣旨に賛同する全国各地の団体が『RUN伴+(プラス)』のイベントを行い、本来のRUN伴とは別に、多くの人がオレンジ色(認知症の人にやさしい町のテーマカラー)のTシャツを着て参加。千葉県の実行委員会でも11月2日(土)、県内18市町村が同日に『RUN伴2019千葉』を開催します。 市原エリアでは今年、市役所通りと山倉ダムで3コースを設定し、タスキリレーを実施。市原市認知症対策連絡協議会と市原市高齢者福祉施設協議会の共同プロジェクトで、市原市と市原市社会福祉協議会も協力して開催。ただ今、趣旨に賛同していただける方の参加を募集中です。
●RUN伴2019千葉/いちはら 11月2日(土) 9〜13時 市原市役所・新庁舎駐車場から10キロ、6キロ、2キロの3コース(図参照)
・チーム参加で1チーム3〜10名、10名以上の場合は2チームで参加
・移動方法:問いません。ジョギング、早歩き、ゆっくり歩き、車イス、杖歩行の方でもOK。ご自分のペースで参加できます。(車、バイク等は不可)
・スタート地点で全体の集合写真を撮影、スタートとゴール地点では太鼓演奏の予定、ゴール後はトン汁無料提供もあり ◇応募期間:9月30日(月)まで(参加費用の振り込み期限もあり)、スポーツエントリーシステムにて、webかFAXで www.sportsentry.ne.jp/ 問合せはフリーダイヤルTEL.0120・711・951 平日10〜17時半 ・参加費:エントリー手数料がプラス(web5%、FAX7%) 高校生以上2625円か2675円、中学生以下1575円か1605円、その他特別枠(認知症高齢者)1050円か1070円


◇イベントへの問合せ:実行委員会・恩田(青柳園)
TEL.0436・25・1611

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る