民話で育む、平和と地域を愛する気持ち

 7月25日、大多喜図書館天賞文庫で開かれた『大多喜地区母と女職員の会』の研修会で、サークル『夷隅民話の会』が大多喜町に伝わる民話の読み聞かせを行った。同会の会長、齊藤弥四郎さんが長年かけて収集した地元に残る言い伝えをもとに物語を書き起こし、紙芝居を作成。『大多喜の大蛇』など全7話をスクリーンに映して発表した。静かだが迫力のある語りに約40名の参加者は一心に耳を傾けた。また、ある会員は、昭和20年にアメリカの爆撃機B29が大多喜町筒森の山中に墜落する瞬間を目撃した戦争体験を語り、平和への願いを口にした。
 会では、夷隅地域に伝わる民話などを次世代に伝えることを目的とし、大多喜図書館を拠点に活動している。会員は50~70代の24名。機関紙と『夷隅むかしむかし』などの冊子の発行、民話の舞台となった寺などを巡るバスツアー、大多喜町公民館文化祭や保育園などでの発表が主な活動だ。「入会し、地元への愛着が芽生えた」と話す会員も。バスツアーへの一般参加者からは「地元にこんな話があったなんて」と感動の言葉が聞かれたという。
 これまでに発行した19冊にものぼる冊子は大多喜駅前の案内所『観光本陣』にて販売している。新規会員募集中。

問合せ 齊藤さん
TEL 0470・68・3201

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る