民話で育む、平和と地域を愛する気持ち

 7月25日、大多喜図書館天賞文庫で開かれた『大多喜地区母と女職員の会』の研修会で、サークル『夷隅民話の会』が大多喜町に伝わる民話の読み聞かせを行った。同会の会長、齊藤弥四郎さんが長年かけて収集した地元に残る言い伝えをもとに物語を書き起こし、紙芝居を作成。『大多喜の大蛇』など全7話をスクリーンに映して発表した。静かだが迫力のある語りに約40名の参加者は一心に耳を傾けた。また、ある会員は、昭和20年にアメリカの爆撃機B29が大多喜町筒森の山中に墜落する瞬間を目撃した戦争体験を語り、平和への願いを口にした。
 会では、夷隅地域に伝わる民話などを次世代に伝えることを目的とし、大多喜図書館を拠点に活動している。会員は50~70代の24名。機関紙と『夷隅むかしむかし』などの冊子の発行、民話の舞台となった寺などを巡るバスツアー、大多喜町公民館文化祭や保育園などでの発表が主な活動だ。「入会し、地元への愛着が芽生えた」と話す会員も。バスツアーへの一般参加者からは「地元にこんな話があったなんて」と感動の言葉が聞かれたという。
 これまでに発行した19冊にものぼる冊子は大多喜駅前の案内所『観光本陣』にて販売している。新規会員募集中。

問合せ 齊藤さん
TEL 0470・68・3201

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る