塗り絵にハマってみませんか?

塗り絵にハマってみませんか?

 毎月第2・4水曜に茂原市東部台文化会館で塗り絵・絵画サークル『つばさの会』が活動を行っている。講師は新生美術会・近代日本美術協会所属の渡部恵子さん。手本を見ながら、主に色鉛筆と金・銀・白のマーカーを使って着物や花、鳥など様々な塗り絵に挑戦している。輪郭から塗り始め、薄い色から濃い色へと塗り重ねていくボカシ、花びらの筋などは一筆で線を引くのではなく、少し引いては止めて重ねていく独自の技法『あずりがき』などによって、繊細かつ深みと立体感のある絵に仕上がる。
 油絵、友禅染めから作詞まで多才な持ち主の渡部さんとメンバーの皆さんはまるで仲のいい友達のよう。「決まりはないのよ」とは言うものの、絶妙な配色のアドバイスは渡部さんの豊かなセンスによるもの。「根気が必要だけれど、面白くてあっという間に時間が経ちます。先生は褒め上手。だから続けられるんです」とメンバーの女性は楽しそうに話した。13時半から16時半までが活動時間だが、出入りは自由。メンバー募集中とのこと。

問合せ 渡部さん
TEL 080・5433・2943

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る