挑戦と努力、素直な心が幸せを呼ぶ

 書道はもちろん、洋裁、編み物(講談社のコンクールで香港マカオ賞受賞)や籐手芸など種々の師範資格を取得し、卓球から民謡(房総民謡大会部門優勝)、墨絵まで数えきれない程の特技を持つ。茂原市在住の書道家、濱崎松岑さん(68)の素顔だ。何事にも挑戦することが大好き。そしてたゆまぬ努力と明るく素直な性格が築き上げてきたものは大きい。「一番はやはり書道。心が落ち着くし、集中力も磨かれる。卓球にも通ずるところがあります」心に浮かんだ句を筆で木板に書いたものや刻字など作品は様々。「板に書く作品は失敗が許されない一発勝負ですが、紙より飾っていただけると思って。感動してもらえるものを作っていきたい」と屈託のない笑顔で話す。
chousen02刻字は紙に書いた文字を木板に写し、字の周りを彫って金箔などを貼る浮き彫りと色をつけてから彫る中彫りとがある。どちらも筆で書いた文字の勢いをそのまま表現するのは難しいというが、毎日書道展では11回の入選経験を持ち、以降、無鑑査で入選する会友の資格も取得。千葉県美術展覧会でも16回連続入選と実力が評価されている。
書く時の気持ちや感情が文字を創る。今の『笑』という文字は還暦記念展での『笑』より、笑顔そのものを形どったような楽しそうな表情を見せている。「幸せです」と微笑む濱崎さんを象徴しているかのようだ。趣きのある板の形にインスピレーションが働いて作品が生まれることもあるとか。
「主人に感謝しています。本当によいものを生み出すにはお金がかかりますから。その代わり、友人とお茶を飲んだり旅行に行ったり遊ぶことは一切しません。その間にひたすら努力をします」と言い切る。自宅で開いている書道教室の生徒にも「一人前になりかったら人の3倍は努力しなさい」と説く。
一昨年の秋には茂原市の『ぎゃらりー寄り道』で毎日書道展10回目入選記念展を開き、書・刻字約50点を披露した。次なる目標は喜寿である77歳の年に個展を開くこと。半年前から二本筆で書くという手法を始めた。力強く味わい深い印象が文字に表れる。「新しいことにチャレンジしながら、自分にしか創ることのできない作品を揃えていきたい」と抱負を語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る