伝統ある土人形『芝原人形展 春の陽の中で』

 長生郡長南町にある長南町郷土資料館では、4月6日(日)まで『芝原人形展 春の陽の中で』が開催されている。『芝原人形』とは、型抜き製法により作られる土を素材とした人形で、その名称は明治時代初頭から昭和40年代初頭まで長南町芝原の田中家で製作されていたことに由来する。
「かつては農閑期の手が空いた時に、ひなまつりに向けて作ったと言われている。人形の中にはあらかじめ粘土鈴玉が入れられているためカラカラと音が鳴るため、石ころ雛とも呼ばれている」と話すのは、同資料館学芸員の風間俊人さん。『芝原人形展』では、窯元である田中家三代と四代目である千葉惣次さんの作品が飾られている他、芝原人形完成までの製作手順が絵を交えて貼ってあったり、田中家の庭に存在した窯と同じ大きさのレプリカ、また千葉県指定文化財になっている芝原人形製作用具まで置かれている。
 ショーケースを眺めながら風間さんは、「ひなまつりに遊ぶ人形とあって女性の姿が多く、現代のひな人形とは一風違って明治、大正と時代を彩る服装や髪型が目立って面白い」と続ける。他に、物語の『金太郎』や『浦島太郎』などもあるが製作者により顔の表情さえ異なり、じっと見入ってしまう。「3月22日(土)には13時、14時から30分ずつ学芸員によるギャラリートークがあるのでいらして下さい」と風間さん。一つひとつが手作りされている、真心こもった芝原人形と初春のひとときを過ごしてみてはいかが。

問合せ 長南町郷土資料館 
TEL 0475・46・1194

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る