『自然の中のオオカミを知ろう』 東金こども科学館にてパネル展開催中 ~オオカミと里山を考える会~【東金市】

 東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考える会』代表の井上守さんは、「ニホンオオカミは1905年に絶滅しました。近年猟師が減ると、天敵のいなくなったシカやイノシシが爆発的に増え、その影響により森林の荒廃や農作物被害が全国的に深刻さを増しています。豊かな森を取り戻すために、社会の合意を得ながら森の生態系の頂点であるオオカミを復活させ、再び人とオオカミが共存する道を探求しています」と、説明する。今回のパネル展ではより多くの人にオオカミについて知ってもらうために、ニホンオオカミの絶滅までの経緯や、オオカミの家族や行動などの生態について詳しく説明している。

井上さん夫妻

 同会員で井上守さんの妻・千代子さんは、「『赤ずきん』や『3匹の子ブタ』などの昔話で、オオカミは怖くて悪さをする動物というイメージが定着していますが、実際にはオオカミは人や家畜は襲いません。農耕が中心だった日本では害獣から田畑を守る神様として崇められていたほどです」と、話す。 井上さん夫妻はそれぞれに、山登りや森林整備ボランティア、自然観察などで若い頃から山と親しんできた。山で目にしたシカ害の惨状に心を痛めた夫妻は、森の生態系を守るためにオオカミの復活を唱える『一般社団法人日本オオカミ協会』に賛同し、共に啓発活動を続けている。2014年には、人とオオカミが共存しているドイツ東部地方を視察のため訪問した。

協会発行の冊子ほか

 ヨーロッパでは、オオカミの駆除から保護へと政策が転換され、1990年代からドイツ、フランス、スイスなどに生息地が拡大した。アメリカのイエローストーン国立公園では、1度絶滅したオオカミを1995年に再導入し、増えすぎたエルクジカが原因で荒れ果てた自然環境が改善されるという成果を上げている。同展では、これら海外での事例についても写真を交え紹介している。会場ではパネル展と併せて、シカやイノシシの骨や毛皮を展示。また、『くびふりオオカミ』のペーパークラフトや、オオカミの絵本、ぬりえ、福笑いが楽しめる。東金こども科学館は東金文化会館の2階。開館時間は9時半~16時、10/3㈪は休館。入場無料。会期中は解説者が常時待機している。詳しくは問合せを。

 

問合せ:オオカミと里山を考える会 井上さん
Tel.080・5024・9132

 

※写真提供:日本オオカミ協会

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る