御宿には月見草がよく似合う

 月見草が徐々に少なくなり、子どもの頃見た御宿の浜のイメージが変わっていくことに危機感を感じ、月見草を増やす活動をしようと『月見草を咲かせる会』が有志らによって発足。それから約30年が経った現在、御宿海岸にある『月の沙漠記念像』の周りには栽植された月見草が見頃を迎えている。
「月見草」と呼ばれるものは何種類かあるが、一般的に認知されているのは夕方から黄色の花を咲かせるオオマツヨイグサ。本当の月見草は、咲き始めは純白、翌朝しぼむ頃には薄いピンク色に変わる小さな花だそうだ。どちらも北米から南米原産の帰化植物。会では昔から海岸に自生していたオオマツヨイグサを月見草としている。
「強いはずの帰化植物が少なくなる町の環境が心配でした。毎年、月見草の種を採取し、ポットで育て、海岸に植えてきました。その甲斐があってか、今年はたくさんの花が咲いています」と本吉和之会長。多くの人に御宿に来て月見草を見てもらいたいと、会では『月の沙漠像と月見草フォトコンテスト』の作品を募集している。
 月見草は日没後に咲きだすので、像の周りを7月いっぱい21時までライトアップ。「御宿海岸の月の沙漠記念像と可憐な月見草の幻想的な世界を写真で表現して欲しいと思います。写真の上手さを競うものではありません。賞金や特産品も用意していますので、ぜひ参加していただきたい」と会長。
 写真は今年の期間中に撮影されたもので、締め切りは8月15日。千葉県写真連盟の会長らが入賞作品を選び、9月3日から月の沙漠記念館ロビーにて展示される予定。応募などの詳細は主催者に問い合わせを。

問合せ 月見草を咲かせる会
 本吉和之さん
TEL 0470・68・2204
E-mail motoyoshi@beig.plala.or.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る