御宿には月見草がよく似合う

 月見草が徐々に少なくなり、子どもの頃見た御宿の浜のイメージが変わっていくことに危機感を感じ、月見草を増やす活動をしようと『月見草を咲かせる会』が有志らによって発足。それから約30年が経った現在、御宿海岸にある『月の沙漠記念像』の周りには栽植された月見草が見頃を迎えている。
「月見草」と呼ばれるものは何種類かあるが、一般的に認知されているのは夕方から黄色の花を咲かせるオオマツヨイグサ。本当の月見草は、咲き始めは純白、翌朝しぼむ頃には薄いピンク色に変わる小さな花だそうだ。どちらも北米から南米原産の帰化植物。会では昔から海岸に自生していたオオマツヨイグサを月見草としている。
「強いはずの帰化植物が少なくなる町の環境が心配でした。毎年、月見草の種を採取し、ポットで育て、海岸に植えてきました。その甲斐があってか、今年はたくさんの花が咲いています」と本吉和之会長。多くの人に御宿に来て月見草を見てもらいたいと、会では『月の沙漠像と月見草フォトコンテスト』の作品を募集している。
 月見草は日没後に咲きだすので、像の周りを7月いっぱい21時までライトアップ。「御宿海岸の月の沙漠記念像と可憐な月見草の幻想的な世界を写真で表現して欲しいと思います。写真の上手さを競うものではありません。賞金や特産品も用意していますので、ぜひ参加していただきたい」と会長。
 写真は今年の期間中に撮影されたもので、締め切りは8月15日。千葉県写真連盟の会長らが入賞作品を選び、9月3日から月の沙漠記念館ロビーにて展示される予定。応募などの詳細は主催者に問い合わせを。

問合せ 月見草を咲かせる会
 本吉和之さん
TEL 0470・68・2204
E-mail motoyoshi@beig.plala.or.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る