御宿には月見草がよく似合う

 月見草が徐々に少なくなり、子どもの頃見た御宿の浜のイメージが変わっていくことに危機感を感じ、月見草を増やす活動をしようと『月見草を咲かせる会』が有志らによって発足。それから約30年が経った現在、御宿海岸にある『月の沙漠記念像』の周りには栽植された月見草が見頃を迎えている。
「月見草」と呼ばれるものは何種類かあるが、一般的に認知されているのは夕方から黄色の花を咲かせるオオマツヨイグサ。本当の月見草は、咲き始めは純白、翌朝しぼむ頃には薄いピンク色に変わる小さな花だそうだ。どちらも北米から南米原産の帰化植物。会では昔から海岸に自生していたオオマツヨイグサを月見草としている。
「強いはずの帰化植物が少なくなる町の環境が心配でした。毎年、月見草の種を採取し、ポットで育て、海岸に植えてきました。その甲斐があってか、今年はたくさんの花が咲いています」と本吉和之会長。多くの人に御宿に来て月見草を見てもらいたいと、会では『月の沙漠像と月見草フォトコンテスト』の作品を募集している。
 月見草は日没後に咲きだすので、像の周りを7月いっぱい21時までライトアップ。「御宿海岸の月の沙漠記念像と可憐な月見草の幻想的な世界を写真で表現して欲しいと思います。写真の上手さを競うものではありません。賞金や特産品も用意していますので、ぜひ参加していただきたい」と会長。
 写真は今年の期間中に撮影されたもので、締め切りは8月15日。千葉県写真連盟の会長らが入賞作品を選び、9月3日から月の沙漠記念館ロビーにて展示される予定。応募などの詳細は主催者に問い合わせを。

問合せ 月見草を咲かせる会
 本吉和之さん
TEL 0470・68・2204
E-mail motoyoshi@beig.plala.or.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】第1展示室  人々の暮らしを様々な面で支えている人工衛星。ロケットで打ち上げられた人工衛星は地球の周回軌道に投入さ…
  2. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  3.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  4. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  5.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  6. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  7.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  8.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】第1展示室  人々の暮らしを様々な面で支えている人工衛星。ロケットで打ち上げられた人工衛星は地球の周回軌道に投入さ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る