食の祭典で啓発活動 高齢者を狙う犯罪を防ごう

 9月15日、敬老の日に市原市市民会館大ホールで開かれたチャリティイベント『食の祭典』(料飲調理師会・食品衛生協会五井支部主催)において、振り込め詐欺防止の芝居と講話の啓発活動がおこなわれた。
 芝居を上演したのは市原市在住のシンガーソングライター、よの森あかねさん率いる『市原元気会』。「私は騙されないわ。お金もないし」と自信たっぷりに話す女性が息子を名乗る人物から「電車にカバンを忘れ、会社の小切手を無くした」と電話を受け、お金をだまし取られてしまうというストーリーを熱演し、観客に注意を促した。
 続いて壇上で「市原市で今年8月までにおきた詐欺は22件、被害総額は8400万円。すでに去年1年間を上回る被害が出ている。だまされないで」と訴えたのは市原市役所市民生活部の野村耕司さん。息子や孫をかたるオレオレ詐欺以外にも探偵や弁護士、警察官、市役所や社会保険事務の職員を装う架空請求詐欺や還付金詐欺などもある。ラジオ放送局『いちはらFM』の番組『安全安心いちはら』犯罪抑止防犯コーナーでも新たな犯罪手口を紹介する野村さんは、「電話は何度でも繰り返しかかってくる。不審な電話があったら、「あなた誰」とか「息子(孫)はここにいる」と言う、合言葉やペット名など家族しか知らないことを聞くなどで撃退してほしい。元の電話番号に確認の連絡するのも有効」と力を込め話した。
 尚、カラオケ大会や歌謡ショーなども開いた同祭典は来場者に寄付を募り社会福祉協議会に募金を手渡した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る