食の祭典で啓発活動 高齢者を狙う犯罪を防ごう

 9月15日、敬老の日に市原市市民会館大ホールで開かれたチャリティイベント『食の祭典』(料飲調理師会・食品衛生協会五井支部主催)において、振り込め詐欺防止の芝居と講話の啓発活動がおこなわれた。
 芝居を上演したのは市原市在住のシンガーソングライター、よの森あかねさん率いる『市原元気会』。「私は騙されないわ。お金もないし」と自信たっぷりに話す女性が息子を名乗る人物から「電車にカバンを忘れ、会社の小切手を無くした」と電話を受け、お金をだまし取られてしまうというストーリーを熱演し、観客に注意を促した。
 続いて壇上で「市原市で今年8月までにおきた詐欺は22件、被害総額は8400万円。すでに去年1年間を上回る被害が出ている。だまされないで」と訴えたのは市原市役所市民生活部の野村耕司さん。息子や孫をかたるオレオレ詐欺以外にも探偵や弁護士、警察官、市役所や社会保険事務の職員を装う架空請求詐欺や還付金詐欺などもある。ラジオ放送局『いちはらFM』の番組『安全安心いちはら』犯罪抑止防犯コーナーでも新たな犯罪手口を紹介する野村さんは、「電話は何度でも繰り返しかかってくる。不審な電話があったら、「あなた誰」とか「息子(孫)はここにいる」と言う、合言葉やペット名など家族しか知らないことを聞くなどで撃退してほしい。元の電話番号に確認の連絡するのも有効」と力を込め話した。
 尚、カラオケ大会や歌謡ショーなども開いた同祭典は来場者に寄付を募り社会福祉協議会に募金を手渡した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る