アスモに集まれ!ワクワクドキドキ職業体験

 『こども職業体験in茂原もばちゃいる』が今年も『茂原ショッピングプラザアスモ』にやってくる。5月5日(祝)9時スタートで、対象は就園児から小6まで(小2以下は保護者同伴)。主催は子育て中のママたちが中心となっている『もばちゃいる運営委員会』。
 様々な職業体験を通して趣味を広げ、将来の夢や目標につなげてほしいとの思いから企画された。市内の企業や店舗、職人などの協力を得、体験できる仕事は約50種。木材を使って小さな家を建てる棟梁、医師や美容師、ジャズミュージシャンなど多様な職業を体験することができる。
 消防本部や医療体験ブースでは制服を着ての記念撮影も。地元農園の指導による野菜のよせ植え、マジシャン、板金体験、水道管接続など今年初参加の職種も多数ある。『アスモ』内の店舗ではレジ業務、ラッピングやアクセサリー作りなども楽しむことができる。
 地元で職業体験ができるという画期的なイベントは一昨年の第1回目から大盛況。ただ混み合いすぎたため、第3回目となる今回は整理券を配ったり時間制にするなどの工夫をこらした。さらに「通貨」のマークがあるブースで体験すると『もばちゃいる通貨』というコインが1枚もらえ、2枚集めると『もばちゃいる銀行』で『アスモ100円券』と交換できるというシステムを導入。子どもたちに、仕事の成果を手にする喜びを味わってもらおうとの試みだ。 
 ママ目線での企画、「安全面とわかりやすさには特に気を配っています」と運営委員会代表の国藤みゆきさん。当日は運営委員に加え、ママたちで構成されるサポートグループがスタッフとして子どもたちを見守る。スイーツ、イタリアンパスタ作りなど飲食店でのエプロンや、チアダンス体験の衣装は運営委員のママたちの手作り。「温かい雰囲気があります。来場者とスタッフが顔見知りであることも多いですしね」と運営委員の市塲明子さん。来場したママたちがゆっくりとくつろげるオシャレなカフェも設けている。
 前回のイベントも大好評だった。「体験したスイーツ作りを家でもやってみた、出店していた美容院に髪を切りに行った、などの声があり嬉しかったです。地元のお店を知り利用が増えるきっかけにもなる」と国藤さん。ぜひぜひ足を運んでみて。
 9~17時(アスモ館内10時開始)、入場料200円、ブースにより別途数百円必要。前売り券はアスモインフォメーションセンターにて販売中。中学生ボランティアスタッフも募集中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る