我が家を明るく照らす光に

 7月21日(土)、成東中央公民館で開催された『ひょうたんライト作り教室』。約20名の参加者が、講師である須田芳己さんの軽快な話術に終始笑いながら、ひょうたんライト作りに熱中した。須田さんはスダプランニングの代表で、ひょうたんライト教室全国ツアー真最中。複数のテレビ局の情報番組で紹介されるほど、近年注目を集めているアートだ。「大きさ10~15センチのひょうたんに半田ごてを使い、穴をあけて模様を作るだけです。穴にビーズを入れたり、チャームをぶら下げたりすることで、より光と影の世界が楽しめます」と須田さん。
 ひょうたんを選ぶポイントは大きさ。つい高さのあるものを求めがちだが、低いものほど光が濃く綺麗に映える。またお腹部分の窪んだ部分は光を遮るため寸胴がオススメだ。「注意事項は、隣の人の模様が良く見え過ぎること」と冗談めかして須田さんがいう通り、どのひょうたんも各参加者の独創的な世界が広がった。「小さい穴だと光は通らないですか」、「予想以上に穴が大きくて、くり抜いてしまったけど大丈夫ですか」などの質問が飛びながら、約2時間かけて作品が完成。
 宇宙や野原、月夜の猫など点描のように描かれた可愛らしい模様がひょうたんに並ぶ。最後はライトをつけて完成。「みなさん初めは絵心がないからとモチーフに悩まれますが、今はそんな風に思われないんじゃないですか」と須田さんが呼びかけると、参加者たちは大きく頷きながら、完成したひょうたんライトに歓声を上げていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る