ふるさとビジター館 アンビリーバブルな野鳥カケス

アンビリーバブルな野鳥カケス

 里山を散策すると、森の中から、賑やかに「ジェー、ジェー」としわがれた声が聞こえてくることがあります。カラス科のカケスという野鳥です。体長30㎝強、普通のカラスと異なり、体全体が茶褐色、目に黒いアイシャドウ、翼の一部が青と白の縞模様のカラフルな野鳥です。英語名は「jay」、鳴き声が由来のようです。決して美声とは言えない鳴き声ですが、鳴き真似は非常に上手で、ウグイス等の小鳥やオオタカ等の猛禽類の鳴き声から、何とチェーンソーやエンジンの音まで、ありとあらゆる音を真似ると言われています。私も何度か騙されました。また、カケスは雑食性ですがとりわけドングリが大好物、冬に備えて、ドングリを地中に埋める貯食を行います。埋めたどんぐりの場所を覚え、しっかり採取すると言われています。しかしながら、冬の間に食べられなかったドングリもあり、それが翌春芽吹き、成長することがあります。カケスは意識していないでしょうが森が育む一翼を担っているのです。更に、体を清潔に維持するために一般的に野鳥が行う水浴びや砂浴びとは異なる、蟻浴という行動を取ることがあります。蟻の巣の上に広げた羽を置き、体中に蟻を招き入れ、蟻酸で体を消毒するという行動です。アンビリーバブルです。里山で、「ジェー、ジェー」と声がしたら耳を澄ませてみましょう。警戒心が強いので、なかなか姿を見せてくれませんが、鳴き真似を披露してくれるかもしれません。

ナチュラリストネット/ 岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る