ふるさとビジター館 アンビリーバブルな野鳥カケス

アンビリーバブルな野鳥カケス

 里山を散策すると、森の中から、賑やかに「ジェー、ジェー」としわがれた声が聞こえてくることがあります。カラス科のカケスという野鳥です。体長30㎝強、普通のカラスと異なり、体全体が茶褐色、目に黒いアイシャドウ、翼の一部が青と白の縞模様のカラフルな野鳥です。英語名は「jay」、鳴き声が由来のようです。決して美声とは言えない鳴き声ですが、鳴き真似は非常に上手で、ウグイス等の小鳥やオオタカ等の猛禽類の鳴き声から、何とチェーンソーやエンジンの音まで、ありとあらゆる音を真似ると言われています。私も何度か騙されました。また、カケスは雑食性ですがとりわけドングリが大好物、冬に備えて、ドングリを地中に埋める貯食を行います。埋めたどんぐりの場所を覚え、しっかり採取すると言われています。しかしながら、冬の間に食べられなかったドングリもあり、それが翌春芽吹き、成長することがあります。カケスは意識していないでしょうが森が育む一翼を担っているのです。更に、体を清潔に維持するために一般的に野鳥が行う水浴びや砂浴びとは異なる、蟻浴という行動を取ることがあります。蟻の巣の上に広げた羽を置き、体中に蟻を招き入れ、蟻酸で体を消毒するという行動です。アンビリーバブルです。里山で、「ジェー、ジェー」と声がしたら耳を澄ませてみましょう。警戒心が強いので、なかなか姿を見せてくれませんが、鳴き真似を披露してくれるかもしれません。

ナチュラリストネット/ 岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る