東金地域ゆかりの日本画家『酒井亜人展』開催【鴨川市】

 鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さんは、「亜人の絵は風景が主ですが、シンプルに単純化していて面白い。亜人が作品を発表していた昭和20年代当時、『油絵を思わせ、日本画の異色』と言われていました。私は30年くらい前に作品を知りましたが、無駄を省いた、素朴であたたかい絵だと思います」と話す。  亜人は明治37年、大網の表具師の家に生まれている。独学で日本画の道に入り、昭和12年の再興第24回院展に『冬』で初入選。その後約10年は日の目を見なかったが、戦後の昭和24年に再び院展に入選し、著しく活躍する。25年・26年は奨励賞(白寿賞)、27年の第37回院展では『晩秋』で片岡球子とともに日本美術院賞(大観賞)。翌年には院展無鑑査となり、29年・30年で再度連続の奨励賞(白寿賞)。しかし、その後はまた表舞台から姿を消し、昭和40年1月、享年60歳で没した。

『早春』47×56㎝ 1950年代

 今回、郷土美術館で展示するのは、亜人の生涯にわたった各年代の作品。院展入選作のような大作ではなく、ふだんあまり見られない『愛すべき小品』38点だという。「亜人は東金の風景もよく描いていました。展示会開催に当たり、亜人の遺族が住んでいた東金・大網地域に手紙を出したのですが、どれも戻ってきてしまいました。亡くなってからすでに半世紀を過ぎ、現在はあまりその名も知られていません。縁のある人たちに展示会の情報が届いて欲しいですし、こうした画家がいたことも知っていただきたいです」と黒川さんは話した。

 

●酒井亜人展 6/5(日)までの(金)(土)(日)開館 10〜16時
 私設房総郷土美術館 鴨川市四方木410の5 一般300円、高校生以下無料
 Tel.04・7094・0333

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る