妊娠に備え、夫婦で「温活」

 昨年12月、茂原市保健センターで初の試み、『妊活レッスン 妊娠したい人必見!妊娠のためのカラダ作り』が行われ男女17名が参加した。全国的に少子化が叫ばれているが、茂原市の出生数は全国平均以下。女性の社会進出にともなって晩婚化が進み、いざ子どもが欲しいと思ったときに子どもが授からないといった事情もあるとみられる。
 前半は保健師と栄養士による座学。妊娠しやすい体をつくるために生活スタイルを整える「妊活」についての講義がなされた。
 まず基本となるのは体を温めること。体が冷えると子宮や卵巣に十分に血液が送られなくなくなり、妊娠に深く関わる黄体ホルモンの分泌も悪くなる。男性にとっても、血流の悪化は精子の劣化などの原因となることがあり妊娠しづらい環境となってしまう。 
 では、温かい体をつくるにはどうすればよいか。入浴時、ゆっくり湯船につかる、首・手首・足首はいつも温かく、ウオーキングやストレッチなど適度な運動を習慣づける。良質な睡眠も大切で、パソコンやテレビ、スマホなどの光は睡眠を浅くしてしまうので寝る前は控えた方がよい。また、子宮は心と深いつながりがある臓器。「泣く」、「笑う」、「声を出す」などストレス発散に努めることも有効だ。そして食事。温かく消化によいものをバランスよく食べること。肉、魚、大豆など主菜の1食分の量は自分の手をグーにした大きさ、厚さは2センチ、野菜や海藻などの副菜はパーにして片手の上に山になるくらいを目安にするとよい。特に1日の始まりに食べる朝食は大事。「朝食を抜いている人は、まず炭水化物の1種類から始め、徐々に主菜、副菜と種類を増やしていって。できることからでいいので自分に合った温活を」
 後半は栄養士の指導による調理実習。メニューは、温泉卵をトッピングしたひじき煮入りの『ヘルシーハンバーグの和風ロコモコ』、『ベーコンと小松菜のしょうがスープ』、『焼きりんごのホットヨーグルトがけ』の3品。ヨーグルトは温めすぎると乳酸菌が死んでしまうのでレンジで人肌程度に。スープは「パンチがすごい!」と声が上がるほどのしょうがの存在感。栄養バランスのとれた温活メニューで体の芯からポカポカになった。仲むつまじく参加していた夫婦は「料理が楽しかった」と口をそろえ、男性は「子どもができたら忙しくなる。ごはんぐらい作ってあげたい」と妻への気遣いを見せた。
 茂原市では、妊娠・出産・育児について相談できる『産前産後サポートセンター』をスタートさせたばかり。気軽に利用してみては。

問合せ 茂原市保健センター
TEL 0475・25・1725

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る