妊娠に備え、夫婦で「温活」

 昨年12月、茂原市保健センターで初の試み、『妊活レッスン 妊娠したい人必見!妊娠のためのカラダ作り』が行われ男女17名が参加した。全国的に少子化が叫ばれているが、茂原市の出生数は全国平均以下。女性の社会進出にともなって晩婚化が進み、いざ子どもが欲しいと思ったときに子どもが授からないといった事情もあるとみられる。
 前半は保健師と栄養士による座学。妊娠しやすい体をつくるために生活スタイルを整える「妊活」についての講義がなされた。
 まず基本となるのは体を温めること。体が冷えると子宮や卵巣に十分に血液が送られなくなくなり、妊娠に深く関わる黄体ホルモンの分泌も悪くなる。男性にとっても、血流の悪化は精子の劣化などの原因となることがあり妊娠しづらい環境となってしまう。 
 では、温かい体をつくるにはどうすればよいか。入浴時、ゆっくり湯船につかる、首・手首・足首はいつも温かく、ウオーキングやストレッチなど適度な運動を習慣づける。良質な睡眠も大切で、パソコンやテレビ、スマホなどの光は睡眠を浅くしてしまうので寝る前は控えた方がよい。また、子宮は心と深いつながりがある臓器。「泣く」、「笑う」、「声を出す」などストレス発散に努めることも有効だ。そして食事。温かく消化によいものをバランスよく食べること。肉、魚、大豆など主菜の1食分の量は自分の手をグーにした大きさ、厚さは2センチ、野菜や海藻などの副菜はパーにして片手の上に山になるくらいを目安にするとよい。特に1日の始まりに食べる朝食は大事。「朝食を抜いている人は、まず炭水化物の1種類から始め、徐々に主菜、副菜と種類を増やしていって。できることからでいいので自分に合った温活を」
 後半は栄養士の指導による調理実習。メニューは、温泉卵をトッピングしたひじき煮入りの『ヘルシーハンバーグの和風ロコモコ』、『ベーコンと小松菜のしょうがスープ』、『焼きりんごのホットヨーグルトがけ』の3品。ヨーグルトは温めすぎると乳酸菌が死んでしまうのでレンジで人肌程度に。スープは「パンチがすごい!」と声が上がるほどのしょうがの存在感。栄養バランスのとれた温活メニューで体の芯からポカポカになった。仲むつまじく参加していた夫婦は「料理が楽しかった」と口をそろえ、男性は「子どもができたら忙しくなる。ごはんぐらい作ってあげたい」と妻への気遣いを見せた。
 茂原市では、妊娠・出産・育児について相談できる『産前産後サポートセンター』をスタートさせたばかり。気軽に利用してみては。

問合せ 茂原市保健センター
TEL 0475・25・1725

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る