街の専門家に聞く!最近話題の塗装屋さん!

街の専門家に聞く!
最近話題の塗装屋さん!

 大網白里市在住の中村真也さん(34)は、塗装職人として約10年の経験を経て現在、よろこ美屋(大和塗装)の代表者としてこだわりのある工事を行っている。機械塗装や工業地帯の塗装から住宅の塗り替え塗装を7年間行い、大和塗装として独立する。大和塗装という名前と、よろこ美屋という表記について尋ねると、「お客さんによろこんでもらうという使命感からつけたサービス名」と中村さんは語る。
 こだわりの工事として「塗装に関しては下地処理が一番重要」と言う中村さんは、実際に色を塗り出す前の段階にとても時間がかかる。
 ひび割れの大きさ一つでも作業方法は異なり、屋根や壁の材質との相性もある。中でも洗浄が一番重要で、塗装した後の10年先に違いが出る。下塗りにも様々な種類があり、上塗りの塗料を選ぶより重要らしい。見えない所の作業がこんなにあるのかと思ってしまう。その仕事に対する丁寧さから個人店ながら仕事の依頼をする人が増えている。その証拠に実際に仕事を依頼をしても数ヶ月待ちになることもあり、一件工事を終えると近隣の方からの依頼も増えると言う。中村さんは「お客さんを待たせていることがとても申し訳なく思う半面、工事に対して妥協はなく、譲れないものがある」と語る。まさに行列の出来る塗装店だ。
 4歳と1歳の子供を持つ彼は、忙しく子供と中々遊んであげられない時もあるが、納得の行く工事をする事が、家族を守る第一歩だと笑った。彼の夢は、いい工事を行い、笑顔の連鎖をつくる事だと言う。
 今後、ますます街で話題になるであろう。

TEL 0475(78)3606
大網白里市         
  よろこ美屋(大和塗装)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る