街の専門家に聞く!最近話題の塗装屋さん!

街の専門家に聞く!
最近話題の塗装屋さん!

 大網白里市在住の中村真也さん(34)は、塗装職人として約10年の経験を経て現在、よろこ美屋(大和塗装)の代表者としてこだわりのある工事を行っている。機械塗装や工業地帯の塗装から住宅の塗り替え塗装を7年間行い、大和塗装として独立する。大和塗装という名前と、よろこ美屋という表記について尋ねると、「お客さんによろこんでもらうという使命感からつけたサービス名」と中村さんは語る。
 こだわりの工事として「塗装に関しては下地処理が一番重要」と言う中村さんは、実際に色を塗り出す前の段階にとても時間がかかる。
 ひび割れの大きさ一つでも作業方法は異なり、屋根や壁の材質との相性もある。中でも洗浄が一番重要で、塗装した後の10年先に違いが出る。下塗りにも様々な種類があり、上塗りの塗料を選ぶより重要らしい。見えない所の作業がこんなにあるのかと思ってしまう。その仕事に対する丁寧さから個人店ながら仕事の依頼をする人が増えている。その証拠に実際に仕事を依頼をしても数ヶ月待ちになることもあり、一件工事を終えると近隣の方からの依頼も増えると言う。中村さんは「お客さんを待たせていることがとても申し訳なく思う半面、工事に対して妥協はなく、譲れないものがある」と語る。まさに行列の出来る塗装店だ。
 4歳と1歳の子供を持つ彼は、忙しく子供と中々遊んであげられない時もあるが、納得の行く工事をする事が、家族を守る第一歩だと笑った。彼の夢は、いい工事を行い、笑顔の連鎖をつくる事だと言う。
 今後、ますます街で話題になるであろう。

TEL 0475(78)3606
大網白里市         
  よろこ美屋(大和塗装)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る