蜂の毒も怖くない!?

先日便利屋稼業を営むお客さんと打合せ中の話。

「この間、蜂に従業員が刺されたんだよ。」とお客さんが言ってきて、丁度僕は子供たちを引率してキャンプをする直前だったので、蜂対策の話が聞けるかな?と興味津々に。実際のところ、熟練の方々でもよく刺されるみたいで、対策は難しそう。スズメバチは爆発したような痛みが局部に襲い、足長蜂は毒は少し弱めだけど痛いとの事。

そんな中、写真のアイテムを見せてくれました。

これは、刺された所から毒を吸い出すアイテムです。実際に効果は抜群だったらしく、足長蜂に刺されたらいつもパンパンに腫れて痛みに数日悩まされるのに、それで2分以内に吸い出すと腫れも無く、快適らしいです。
これを常備するのはどうかと思いますが、キャンプなど山に行く場合は持って行ってもいいかもしれませんね。

因みにスズメバチに一度刺されたら二回目よりアナフィラキシーショックの危険性が上がるみたいですので、一度刺されたら病院に行って血液検査をしておきましょう。

営業部 安斎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る