新盆を迎えて

昨年、母が亡くなり、今年は新盆を迎えました。

約1年前の出来事ですが、昨日のように思えます。

時間が立つの早いですね。

周りに親戚などもいないので、
お盆について、昔からの習慣やルールを知らない事が多々あり、
ちょっと大変でした。

それでもなんとか、「迎え」と「送り」を無事に行うことができ、
一安心。

みなさんはどのようなお盆を過ごされましたでしょうか?

ちなみ、お盆に馬(きゅうり)と牛(なす)を飾るのは、
故人をお迎えに行くときは急いで家に迎える為、馬を用意、
最後に送るときはゆっくりと送る為、牛を用意、
という意味が込められているそうです。

(制作部:梅木)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る