25年間、土器作りを楽しむ

25年間、土器作りを楽しむ

 「そではく」と地元の皆さんから親しまれている袖ケ浦市郷土博物館を拠点に活動している博物館友の会。『仏像を学ぶ会』、『何でも有り会』、『凧の会』、『土器作りの会』があり、今回は土器作りの会の活動を見学。サークル会員は6名。25年前に立ち上げたとか。以前は博物館の敷地で土器作りをしていたが、施設増設のため、場所を代表の甲斐さんが所有する市内蔵波の角山地区の畑の一角に移した。
 毎年11月に粘土を粉砕し2~3週間ねかし、成形し2カ月以上乾燥させる。そうして野焼きを。まず、土を燃やし水分を飛ばしてから、土器を入れ1時間半ぐらい熾き火で焼くそう。今回は土器の他、土偶を作った。
 こうして毎年土器などを作り、それに山野草を植え込んだものを6月に開催するミュージアムフェスティバルで実費販売している。今年は3月1日から5月6日まで、博物館前のアクアラインなるほど館で作品展を開催(入館無料)。
 是非、この機会に山野草や土器作りに興味のある方は足を運んでみては。

問合せ恵 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る