25年間、土器作りを楽しむ

25年間、土器作りを楽しむ

 「そではく」と地元の皆さんから親しまれている袖ケ浦市郷土博物館を拠点に活動している博物館友の会。『仏像を学ぶ会』、『何でも有り会』、『凧の会』、『土器作りの会』があり、今回は土器作りの会の活動を見学。サークル会員は6名。25年前に立ち上げたとか。以前は博物館の敷地で土器作りをしていたが、施設増設のため、場所を代表の甲斐さんが所有する市内蔵波の角山地区の畑の一角に移した。
 毎年11月に粘土を粉砕し2~3週間ねかし、成形し2カ月以上乾燥させる。そうして野焼きを。まず、土を燃やし水分を飛ばしてから、土器を入れ1時間半ぐらい熾き火で焼くそう。今回は土器の他、土偶を作った。
 こうして毎年土器などを作り、それに山野草を植え込んだものを6月に開催するミュージアムフェスティバルで実費販売している。今年は3月1日から5月6日まで、博物館前のアクアラインなるほど館で作品展を開催(入館無料)。
 是非、この機会に山野草や土器作りに興味のある方は足を運んでみては。

問合せ恵 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る