25年間、土器作りを楽しむ

25年間、土器作りを楽しむ

 「そではく」と地元の皆さんから親しまれている袖ケ浦市郷土博物館を拠点に活動している博物館友の会。『仏像を学ぶ会』、『何でも有り会』、『凧の会』、『土器作りの会』があり、今回は土器作りの会の活動を見学。サークル会員は6名。25年前に立ち上げたとか。以前は博物館の敷地で土器作りをしていたが、施設増設のため、場所を代表の甲斐さんが所有する市内蔵波の角山地区の畑の一角に移した。
 毎年11月に粘土を粉砕し2~3週間ねかし、成形し2カ月以上乾燥させる。そうして野焼きを。まず、土を燃やし水分を飛ばしてから、土器を入れ1時間半ぐらい熾き火で焼くそう。今回は土器の他、土偶を作った。
 こうして毎年土器などを作り、それに山野草を植え込んだものを6月に開催するミュージアムフェスティバルで実費販売している。今年は3月1日から5月6日まで、博物館前のアクアラインなるほど館で作品展を開催(入館無料)。
 是非、この機会に山野草や土器作りに興味のある方は足を運んでみては。

問合せ恵 袖ケ浦市郷土博物館
TEL 0438・63・0811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 日本の外に目を向ければ楽しさは2倍!?  1月20日(日)、市原市立国分寺公民館で開催された『異文化交流 ノルウェーとイギリス』。2020年…
  2.  毎週水曜日と土曜日に茂原市の東部台文化会館で開催されている『日本語教室』。主催の茂原IVCは茂原市国際交流協会団体会員で、15名ほどの支…
  3. 市民スキー教室 in 上越国際スキー場  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1月25日(金)夜~1月27日(日)、…
  4. シティライフの歩み平成の30年を振り返って―よりよい地域をめざして― 先月の「市原版」「長生夷隅版」に掲載した第1回に続く2回目。1982…

ピックアップ記事

  1. 日本の外に目を向ければ楽しさは2倍!?  1月20日(日)、市原市立国分寺公民館で開催された『異文化交流 ノルウェーとイギリス』。2020年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る