水滴を通して、

水滴を通して、身近なところに美しいものがあることに気づいてほしい

 市原市役所近くのいちはら市民ネットワーク アートギャラリーにて、4月1日から26日まで『山本誠写真展~水の煌き』が開催される。
 山本誠さん(63)は市内西広在住。建設会社に就職し、カタログ制作など仕事で写真撮影をするように。間もなく写真の面白さにプライベートでも富士山を撮りに出かけたりもしたが、仕事が忙しくなり趣味で撮影する時間はなくなった。
 そして53歳の時、病魔に襲われる。肺に穴があく自然気胸という病気。入院、手術、再発…。退院後、歩くのも洋服の脱ぎ着の際に胸に触れてしまうのでさえ痛みを感じた。更に体調を崩し、下半身の冷えがひどくなり夏でも炬燵から出られない。通勤もつらくなって、職場で病気の理解も得られなかった事情もあり59歳で退職。
「仕事を辞めたあと、運動はできないけど、散歩ならできると、大好きな音楽を聴きながら近所を歩くようになった。散歩の道々、きれいな花も咲いているのを見て、また写真でも撮ろうかとデジカメを買った」。最初は周辺の風物を撮っていたが、2年前、たまたま撮ったバラの葉に水滴がついているのを見つけた。「きれいだなと思い、またこういう写真を撮ろうと撮ってみたら、今度は水滴の中にバラが映りこんでいた」
 以来、水滴を探し散歩する日々を送っている。時々、野の花に霧吹きを使い人工的な露をつけて撮影する人を見かけるが、「水滴の魅力は人工的につけられないつき方をしていること。考えられないようなつき方をしている。たとえば、上向きにつくなど自然の朝露だからこそ。そうした自然でしかつかない水滴を撮っていきたい。二度と同じものが撮れないし、背景(バック)によって全部変わってくる面白さもある。モデル(被写体)を探し見つけるのは慣れ。歩いているとキラキラ光るものに出会う。これからは、水滴がポトンと落ちる、離れる瞬間も撮りたい」と山本さん。
 そのため、カメラも買い換えた。昨年秋に購入したカメラは、ライカD・LUX6、ミラーレスにマクロを装着して使用。「遠くまで出かけなくても自分の撮りたいものは撮れる」。撮影のメインは朝露。日の出前から2、3時間。それ以外では雨上がりや雪が降ったあと。胸の痺れは残るが、「1日1万歩」を心がけ昨年1年間に2372キロ歩いた。
 今回の写真展では、草花についた水滴の作品『草花と共に』、クモの巣についた水滴の作品『夢宇宙』、地元、山倉ダムの朝焼けを撮った作品など3つのテーマで32点が展示される。
「水滴の美しさを見ていただき、身近なところにきれいなものがあるんだと気づいてもらえたら」とのこと。尚、昨年末ブログ『やぎさんの水の煌き』もスタート。

問合せ いちはら市民ネットワーク アートギャラリー
TEL 0436・21・1907
※(月)~(金)、10~16時半

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る