ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
春を告げるチョウ ツマキチョウ

 房総の里山で、「春真っ先に飛翔」するツマキチョウ。3月下旬頃から、まだ枯れ草が繁る殺風景な里山を、可憐にヒラヒラと舞う。生き物の息吹がさほど感じられない静寂な雰囲気の中で、「春の使者」と言ったところだろうか。
 正確には、春真っ先に飛翔するわけではない。何故なら、ポカポカ陽気になると、キタテハやアカタテハなどのタテハ類やテングチョウなどが舞うからだ。ツマキチョウと異なる点は、彼らは成虫のまま越冬していること。ツマキチョウは蛹(さなぎ)で越冬し、羽化し成虫になる。
 他のチョウに先駆け羽化することで、冬の「静」の世界を、「動」の世界に変えていく先導役ともなっている。正に「春真っ先に飛翔」という言葉があてはまるツマキチョウの生態である。
 全体的に白っぽく、見た目はモンシロチョウに似るが、一回り小さい。前羽の先端が鮮やかな黄橙色で、それが名前の由来になっている。ただし、それは雄で、雌は先端が灰色である。後羽の裏はウジャウジャとした網目模様になっている。それほど派手ではないものの、白黒の単純なモンシロチョウやスジグロシロチョウより、綺麗であり、出会うと春を感じさせてくれるので心が浮き浮きし嬉しくなる。
 成虫は農地、休耕田、公園などの草地や林縁部で5月初旬頃まで見られる。タンポポ類、ムラサキケマンなど春の野草をよく訪れる。タネツケバナやイヌガラシなどのアブラナ科やダイコン、カラシナなどの栽培種に卵を産む。幼虫はそれを食草とし、5月下旬までには蛹となり、そのまま翌年の春まで過ごす。かつては減少傾向だったが、最近では外来植物のショカッサイ(ハナダイコン)の分布拡大で都市部でも見られるという。
 ツマキチョウを探しに野外に出よう。そして、春を感じてみよう。

ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る