ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
春を告げるチョウ ツマキチョウ

 房総の里山で、「春真っ先に飛翔」するツマキチョウ。3月下旬頃から、まだ枯れ草が繁る殺風景な里山を、可憐にヒラヒラと舞う。生き物の息吹がさほど感じられない静寂な雰囲気の中で、「春の使者」と言ったところだろうか。
 正確には、春真っ先に飛翔するわけではない。何故なら、ポカポカ陽気になると、キタテハやアカタテハなどのタテハ類やテングチョウなどが舞うからだ。ツマキチョウと異なる点は、彼らは成虫のまま越冬していること。ツマキチョウは蛹(さなぎ)で越冬し、羽化し成虫になる。
 他のチョウに先駆け羽化することで、冬の「静」の世界を、「動」の世界に変えていく先導役ともなっている。正に「春真っ先に飛翔」という言葉があてはまるツマキチョウの生態である。
 全体的に白っぽく、見た目はモンシロチョウに似るが、一回り小さい。前羽の先端が鮮やかな黄橙色で、それが名前の由来になっている。ただし、それは雄で、雌は先端が灰色である。後羽の裏はウジャウジャとした網目模様になっている。それほど派手ではないものの、白黒の単純なモンシロチョウやスジグロシロチョウより、綺麗であり、出会うと春を感じさせてくれるので心が浮き浮きし嬉しくなる。
 成虫は農地、休耕田、公園などの草地や林縁部で5月初旬頃まで見られる。タンポポ類、ムラサキケマンなど春の野草をよく訪れる。タネツケバナやイヌガラシなどのアブラナ科やダイコン、カラシナなどの栽培種に卵を産む。幼虫はそれを食草とし、5月下旬までには蛹となり、そのまま翌年の春まで過ごす。かつては減少傾向だったが、最近では外来植物のショカッサイ(ハナダイコン)の分布拡大で都市部でも見られるという。
 ツマキチョウを探しに野外に出よう。そして、春を感じてみよう。

ナチュラリストネット/岡 嘉弘

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る