うどん作りに挑戦

うどん作りに挑戦

 3月12日(火)、菊間コミュニティセンターで『うどん作り』講座が行われた。募集人数8名に30名の応募。当選した幸運者は60~70代の男女。以前開かれた、『そば打ち講座』への参加者もいたが、うどんを粉から作るのは全員が初めて。教室には不安と興奮の入り交じった声も。
 材料は3つ。4人分で小麦粉(中力粉)400グラム。ぬるま湯180ccと塩小さじ2杯強を合わせてとかしておく。手順は以下の通り。小麦粉に、ぬるま湯を少しずつ加えながらよく捏ねる。水分が少ないようならば、水小さじ1を加えてもよい。2人ペアで行い捏ねる作業は交代だが、5分間の作業で男性でもかなりの体力を必要とするほど。次に、生地をビニール袋に入れて足で踏む。一度踏んでから、めん棒で伸ばし折り畳む。その後、ビニール袋に入れたまま20分ほど休ませている間に、めんつゆ等の試食の準備。講師の中村十三男さんの、「余裕がある時は、3時間ほど休ませたほうがもっといい」など更においしく作るコツを伝授してもらいながら、あっという間に次の段階へ。「パン作りを趣味でしているが、それよりもずっと堅い」と参加者が驚く生地を、打ち粉をふった台にのせ、めん棒で伸ばす。包丁で細く切り、沸騰した湯で15分ゆでれば完成だ。ざるにあげて水でしめた麺を食し、「市販のうどんとはほど遠い旨さ。弾力があって、歯ごたえに満足」と大好評の声が上がった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る