房総往来1

房総往来1
山里吾郎

春は淡く、夏は深く、秋は濃く、冬は浅く。日本の四季は味わい深く変化していく。6月から7月、春から夏の境目となる梅雨の時期は、四季の色を変えさせる演出家とでもいえるだろうか▼春に芽吹いた山や田畑の淡い緑にいっぱいの水を注ぎ込み、やがて深緑の季節を描き出す。人間にとっては鬱陶しい季節も自然にとってはかけがえのない重要な役割を果たしている▼そんな思いで改めて田んぼを見渡すと水を湛えた四角い升にすっと伸び始めた稲の緑の何と美しいことか。まさしく日本の原風景ここにあり、といった感がする▼TPPをめぐる論議から日本の米作を危ぶむ声が強まっている。その一方で農業人口の高齢化から耕作放棄されたまま荒地となった田んぼも広がる一方だ。構造改善で大規模農業を進めない限り、日本農業の原型である米作は守れない、とする論議もうなずける▼ただ日本の米作りは収穫量ばかりでなく「いかに美味いコメ」を作るかに先人たちの心血が注がれてきた。そうした原点を大事にしていかないと安い輸入米に対抗する手段を自ら放棄してしまう結果になりかねない▼全国有数の米作り県である千葉県のなかでも市原市は市町村別で5位の収穫量を誇る。もちろん味の良さも県内トップクラスだ。水田の緑が日一日と鮮やかさを増してきた養老渓谷を訪ねながら田園風景の大切さに改めて思い至った。

 遠山あき先生をはじめ多彩な「シティライフ」の執筆陣に加えてもらえることになった。当面はコラムを、と思い「房総往来」なる表題をつけさせてもらった。なるべく歩きながら感じたことを書くつもりだが、時に県外や国外など脱路したら容赦願いたい。ほのぼの感が出せればなどと勝手なことを思っている。◆山里吾郎プロフィール/団塊世代第1期生。日大新聞学科卒。日刊紙記者、社会部、報道部、支局勤務を経て、政経部長、論説委員。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る