ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 「コーヒー?それともカモミールティにする?」20年ほど前にドイツ人の友人の家に遊びに行った時の話です。ドイツではカモミールティは風邪をひいたときやお腹の具合が悪い時などに飲まれていますが、当時日本ではハーブはまだ一般的ではなく、カモミールなど聞いたことすら無かった僕は、好奇心でカモミールティをお願いしました。すると甘くてリンゴのような優しい香りと安らぎを感じたのを覚えています。それが僕にとっての初めてのハーブとの出会いとなりました。
 カモミールには筋肉の一種である平滑筋を落ち着かせる作用があり、腰痛や生理痛の緩解、貧血や冷え性の改善、更にはリラックス効果もあるので、カモミールティを飲めば寝付けない夜を癒してくれます。但し、子宮筋収縮作用があるので妊婦の方は注意して下さい。それでは今月のレシピ、カモミールゼリーを作ってみましょう。夏にピッタリのデザートとして美容と健康にきっと貢献してくれるはずです。

・材料
お湯300ml、市販のカモミールティパック2袋(苗を育てている方は30~40個ほどの花だけを使用)、蜂蜜 小さじ2、ゼラチンパウダー5g(1袋)、ミントの葉(飾り用)
・作り方 
①鍋にお湯を入れ沸騰させたあと火を止め、カモミールを入れて5分ほどおく。
②濾し器やさらしを使って①をボウルに移し蜂蜜を軽く混ぜたあと、ゼラチンパウダーを振るい入れながら溶けるまでよくかき混ぜる。
③デザート用の容器やティーカップ(出来れば透明な容器を使った方が色も綺麗)に②を注ぐ。
④粗熱を取り、冷蔵庫に入れて冷やし固める。
⑤固まったら冷蔵庫から取り出しミントの葉を飾る。お好みでオレンジやキーウィなどフルーツを添えるといっそう華やかになります。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る