「コーヒー?それともカモミールティにする?」20年ほど前にドイツ人の友人の家に遊びに行った時の話です。ドイツではカモミールティは風邪をひいたときやお腹の具合が悪い時などに飲まれていますが、当時日本ではハーブはまだ一般的ではなく、カモミールなど聞いたことすら無かった僕は、好奇心でカモミールティをお願いしました。すると甘くてリンゴのような優しい香りと安らぎを感じたのを覚えています。それが僕にとっての初めてのハーブとの出会いとなりました。
カモミールには筋肉の一種である平滑筋を落ち着かせる作用があり、腰痛や生理痛の緩解、貧血や冷え性の改善、更にはリラックス効果もあるので、カモミールティを飲めば寝付けない夜を癒してくれます。但し、子宮筋収縮作用があるので妊婦の方は注意して下さい。それでは今月のレシピ、カモミールゼリーを作ってみましょう。夏にピッタリのデザートとして美容と健康にきっと貢献してくれるはずです。

・材料
お湯300ml、市販のカモミールティパック2袋(苗を育てている方は30~40個ほどの花だけを使用)、蜂蜜 小さじ2、ゼラチンパウダー5g(1袋)、ミントの葉(飾り用)
・作り方
①鍋にお湯を入れ沸騰させたあと火を止め、カモミールを入れて5分ほどおく。
②濾し器やさらしを使って①をボウルに移し蜂蜜を軽く混ぜたあと、ゼラチンパウダーを振るい入れながら溶けるまでよくかき混ぜる。
③デザート用の容器やティーカップ(出来れば透明な容器を使った方が色も綺麗)に②を注ぐ。
④粗熱を取り、冷蔵庫に入れて冷やし固める。
⑤固まったら冷蔵庫から取り出しミントの葉を飾る。お好みでオレンジやキーウィなどフルーツを添えるといっそう華やかになります。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る