そば打ちに挑戦!

そば打ちに挑戦!

 6月末、加茂公民館で『そば打ち体験教室』が行われ、男性8名と女性8名が参加、新堀町会を拠点に地域貢献活動を楽しむサークル『壱五会』代表者の齊藤忠夫さんと4名のメンバーがそば打ちを手伝った。粉を量り、水を3回に分けて加えながら混ぜて捏ね、手と麺棒で生地を伸ばして切るまで一通りの実演を見た後、作業にとりかかった。今回は小麦粉2割、そば粉8割のニハそば。小麦粉が多い方が捏ねやすいそう。
「水は入れすぎると修正がきかない。微調整は霧吹きで。耳たぶくらいの柔らかさになるまで捏ねて」丁寧に指導する。「最初は必ず失敗します。めげずに頑張りましょう。打ち方は人それぞれ。慣れてきたら自分のやり易い方法でいいんです」と齊藤さん。『壱五会』のメンバーも何度も失敗し、工夫しながらやり方を編み出したのだとか。
 使われた道具は初心者向けに、麺棒は太めのもの、包丁は約30センチの長めのものを用意した。のし台と、麺を一定間隔で切るために使用するこま板は作業しやすいように配慮したメンバーの手作り。「コシがあっておいしい」自ら打ったそばに大満足の参加者。そばをいただく時のだしつゆも『壱五会』の手作りだ。難しかったのは「生地を伸ばすところ」と皆さん。麺棒には力を入れずに、棒の重みでのし台を押す感じにするとよいそうだ。時間をかけると生地の水分がとんでしまうため、いかに手早くするかもポイント。「そば打ち体験、よかったです!」威勢のよい参加者の声と拍手でイベントは終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る