そば打ちに挑戦!

そば打ちに挑戦!

 6月末、加茂公民館で『そば打ち体験教室』が行われ、男性8名と女性8名が参加、新堀町会を拠点に地域貢献活動を楽しむサークル『壱五会』代表者の齊藤忠夫さんと4名のメンバーがそば打ちを手伝った。粉を量り、水を3回に分けて加えながら混ぜて捏ね、手と麺棒で生地を伸ばして切るまで一通りの実演を見た後、作業にとりかかった。今回は小麦粉2割、そば粉8割のニハそば。小麦粉が多い方が捏ねやすいそう。
「水は入れすぎると修正がきかない。微調整は霧吹きで。耳たぶくらいの柔らかさになるまで捏ねて」丁寧に指導する。「最初は必ず失敗します。めげずに頑張りましょう。打ち方は人それぞれ。慣れてきたら自分のやり易い方法でいいんです」と齊藤さん。『壱五会』のメンバーも何度も失敗し、工夫しながらやり方を編み出したのだとか。
 使われた道具は初心者向けに、麺棒は太めのもの、包丁は約30センチの長めのものを用意した。のし台と、麺を一定間隔で切るために使用するこま板は作業しやすいように配慮したメンバーの手作り。「コシがあっておいしい」自ら打ったそばに大満足の参加者。そばをいただく時のだしつゆも『壱五会』の手作りだ。難しかったのは「生地を伸ばすところ」と皆さん。麺棒には力を入れずに、棒の重みでのし台を押す感じにするとよいそうだ。時間をかけると生地の水分がとんでしまうため、いかに手早くするかもポイント。「そば打ち体験、よかったです!」威勢のよい参加者の声と拍手でイベントは終了した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る