ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
日当たりの良い湿地を好むサワヒヨドリ

 大きな住宅地を通りぬける途中、信号で止まったところの空地に時期遅れのサワヒヨドリが咲き誇っていた。地面は水がしみ出るほどではないが湿り気があり、夜露が残っている感じだ。そこには造成される前の里山の光景がまだ残っていた。
 サワヒヨドリ(沢鵯)は腰ぐらいの高さで、同じフジバカマ属のフジバカマやヒヨドリバナの半分ぐらいである。茎の上部では毛が密生し、淡紫色の頭花を散房状につける。一つの頭花は数個の筒状花が集まったもので、白い糸のようなものは花柱が2裂したもの。葉は無柄で対性、幅2センチぐらいの披針形、ときに3深裂する。
 この場所では黄色が鮮やかなセイタカアワダチソウと、やはり時期遅れのススキが一緒に咲いていた。今の時期なら背丈を超える高さで咲き誇るセイタカアワダチソウも腰の高さぐらいだ。たぶん夏ごろに一度刈られてその後また芽吹いたものと思われる。草刈りが行われなければ、サワヒヨドリは9月ごろ咲くだろう。しかし、胸の高さほどに伸びたセイタカアワダチソウに埋もれて気付かれないだろう。あるいは、陽射しが届かず芽吹かないかもしれない。里山の自然は適度な草刈りで多様性が保たれるから。
 その後、この場所は土を踏み固めるような大きな土地改良が行われていた。新しい工法のようだ。ジメジメが解消されたら分譲されるのだろう。もし、庭の片隅でいつの間にか咲いているサワヒヨドリに気付いた時、きれいだなと喜んでばかりはいられない。サワヒヨドリが育つ環境は、日当たりの良い湿地だから、床下のジメジメを指標する野草の一つでもあるのだ。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る