ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
日当たりの良い湿地を好むサワヒヨドリ

 大きな住宅地を通りぬける途中、信号で止まったところの空地に時期遅れのサワヒヨドリが咲き誇っていた。地面は水がしみ出るほどではないが湿り気があり、夜露が残っている感じだ。そこには造成される前の里山の光景がまだ残っていた。
 サワヒヨドリ(沢鵯)は腰ぐらいの高さで、同じフジバカマ属のフジバカマやヒヨドリバナの半分ぐらいである。茎の上部では毛が密生し、淡紫色の頭花を散房状につける。一つの頭花は数個の筒状花が集まったもので、白い糸のようなものは花柱が2裂したもの。葉は無柄で対性、幅2センチぐらいの披針形、ときに3深裂する。
 この場所では黄色が鮮やかなセイタカアワダチソウと、やはり時期遅れのススキが一緒に咲いていた。今の時期なら背丈を超える高さで咲き誇るセイタカアワダチソウも腰の高さぐらいだ。たぶん夏ごろに一度刈られてその後また芽吹いたものと思われる。草刈りが行われなければ、サワヒヨドリは9月ごろ咲くだろう。しかし、胸の高さほどに伸びたセイタカアワダチソウに埋もれて気付かれないだろう。あるいは、陽射しが届かず芽吹かないかもしれない。里山の自然は適度な草刈りで多様性が保たれるから。
 その後、この場所は土を踏み固めるような大きな土地改良が行われていた。新しい工法のようだ。ジメジメが解消されたら分譲されるのだろう。もし、庭の片隅でいつの間にか咲いているサワヒヨドリに気付いた時、きれいだなと喜んでばかりはいられない。サワヒヨドリが育つ環境は、日当たりの良い湿地だから、床下のジメジメを指標する野草の一つでもあるのだ。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る