房総往来

房総往来 鋸山
山里 吾郎

 異常気象に振り回された今年もようやく晩秋から初冬への色合いを深めてきた。山あいの木々、静けさを取り戻した海原…。彼岸に行けなかった罪滅ぼしではないが、父母の墓参りついでに慣れ親しんだ故郷の海山を訪れた▼鋸山は富津と鋸南の市町境に聳える。標高329メートル。この高さで「そびえる」の表現はもちろん適切ではないだろう。だがその名の通り、東京湾に迫り出した鋸状の鋭い山肌は、聳え立つような鋭さを感じさせる▼「鋸」の景観は江戸から昭和まで長く続いていた石切り場としての名残。切り出された良質な凝灰岩は「房州石」と呼ばれ、加工のしやすさから石塀など建築資材に盛んに使われた。余談ながら、一番上の叔父は鋸山の石切り職人だったが、作業中に誤って転落死している▼その形状から呼ばれるようになった「鋸山」だが、もともとは俗称で正式には「乾坤山」という。頂上近くに建つ「日本寺」に象徴されるように古くから信仰の山としても知られている。訪れた人ならばおそらく記憶に残っていると思う。総高31メートルの日本最大の磨崖仏や百尺観音、千五百羅漢など霊山に佇む多くの石仏は一見の価値がある▼もう一つ。観光名所として推奨するには頂上から見渡す東京湾の眺望だろうが、生まれ育った身からは逆に海岸から望む鋭い山姿が素晴らしいと思う。鋸山が迫り出した海岸線の岩礁地帯は「明鐘岬」と呼ばれ魚介類の宝庫。今では密漁となるが、子どものころ素潜りで獲ったアワビ、サザエはほんとうに美味だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る