市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.26

安田遼太郎(セカンド)(写真右)
国分寺台中学校1年

「保育所で先生とキャッチボールして楽しかったので、小学校に上がり南国分寺ファイターズに入りました。ポニーに入ったのは体験で来てバッティング練習が楽しかったから。ポニーに入り指導者や父兄に挨拶ができるようになり、自分の気持ちも前に出せるようになりました。好きな球団は小さい頃から地元のロッテ。好きな選手は巨人の寺内。守備が上手くしっかり打つ。憧れてます。目標は今Aチームにいるんでずっと維持すること。大学まで野球を続け、将来は野球に係わる仕事に就きたい。ショップの店員もいいな」(談)

宮代将希(外野・キャッチャー)(写真左)
千葉市立蘇我中学校1年

「野球を始めたのは、小3の時に社会人野球をやっている父を見てカッコイイなと思って。ポニーへは色々なチームを見て一番練習メニューが充実してると思えたから入りました。入って半年以上経つけど、技術をしっかり教えてもらえたしスタミナもついた。学校の部活では体力づくりに陸上部に入って、自主トレはポニーの練習メニューを集中的にやっている。将来の夢はプロ野球選手になること。好きなチームは巨人。全力プレーで守備も上手い松本選手が好き。母が作るトンカツや祖母の作るチャーハンが好物」(談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る