【体協通信】いつか市原にスーパーアリーナを

 市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大盛況の祝賀会を開催することができました。
 この10年の間に、日本バスケットボール協会の大改革が進み、2020東京オリンピックに男子の出場も決まり、楽しみがひとつ増えました。この男子の力はプロバスケットボール(Bリーグ)にあり、自分がプレーする楽しみとブースター(ファン)として試合を見て応援しアリーナの中でワクワクする一体感を味わうことで、プロ選手層を厚くしていったと思います。
 合わせて日本協会の組織がU12、U15、U18と構成も変わっていく中で、当協会は常にミニバスもジュニアも高校一般も、互いの連携を大事に取り組んできました。そのことが評価され、2015年文科省から「生涯スポーツ優良団体」の表彰を受賞し、また、2016年には三和МBC(ミニバス女子)が全国大会にて優勝を飾るなど市原市にとっても輝かしい記録を残してくれました。
 こうした50年の歩みの中で、現在は協会全体の人数、チーム数は減っていますが、当協会としてはいつの日かミニバス、ジュニアの選手の中からBリーグで又、WJBL(女子リーグ)でプレーする選手に育ってほしい、出て来てほしいというのが悲願でもあります。Bリーグナンバー1の力を持つ千葉ジェッツの前座試合で市原選抜の子供たちがアリーナで試合をして大きな感動と感激を得ています。
 いつか、市原スーパーアリーナに市原で育ったプロ選手を迎えて大応援をしたいですね。多目的施設としての市原スーパーアリーナは室内競技団体の夢でもあり市原市の文化施設としての機能も十分保てると思います。「変わりゆく、バスケットボールから市原市にアリーナを!!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る