【体協通信】いつか市原にスーパーアリーナを

 市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大盛況の祝賀会を開催することができました。
 この10年の間に、日本バスケットボール協会の大改革が進み、2020東京オリンピックに男子の出場も決まり、楽しみがひとつ増えました。この男子の力はプロバスケットボール(Bリーグ)にあり、自分がプレーする楽しみとブースター(ファン)として試合を見て応援しアリーナの中でワクワクする一体感を味わうことで、プロ選手層を厚くしていったと思います。
 合わせて日本協会の組織がU12、U15、U18と構成も変わっていく中で、当協会は常にミニバスもジュニアも高校一般も、互いの連携を大事に取り組んできました。そのことが評価され、2015年文科省から「生涯スポーツ優良団体」の表彰を受賞し、また、2016年には三和МBC(ミニバス女子)が全国大会にて優勝を飾るなど市原市にとっても輝かしい記録を残してくれました。
 こうした50年の歩みの中で、現在は協会全体の人数、チーム数は減っていますが、当協会としてはいつの日かミニバス、ジュニアの選手の中からBリーグで又、WJBL(女子リーグ)でプレーする選手に育ってほしい、出て来てほしいというのが悲願でもあります。Bリーグナンバー1の力を持つ千葉ジェッツの前座試合で市原選抜の子供たちがアリーナで試合をして大きな感動と感激を得ています。
 いつか、市原スーパーアリーナに市原で育ったプロ選手を迎えて大応援をしたいですね。多目的施設としての市原スーパーアリーナは室内競技団体の夢でもあり市原市の文化施設としての機能も十分保てると思います。「変わりゆく、バスケットボールから市原市にアリーナを!!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る