【体協通信】いつか市原にスーパーアリーナを

 市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大盛況の祝賀会を開催することができました。
 この10年の間に、日本バスケットボール協会の大改革が進み、2020東京オリンピックに男子の出場も決まり、楽しみがひとつ増えました。この男子の力はプロバスケットボール(Bリーグ)にあり、自分がプレーする楽しみとブースター(ファン)として試合を見て応援しアリーナの中でワクワクする一体感を味わうことで、プロ選手層を厚くしていったと思います。
 合わせて日本協会の組織がU12、U15、U18と構成も変わっていく中で、当協会は常にミニバスもジュニアも高校一般も、互いの連携を大事に取り組んできました。そのことが評価され、2015年文科省から「生涯スポーツ優良団体」の表彰を受賞し、また、2016年には三和МBC(ミニバス女子)が全国大会にて優勝を飾るなど市原市にとっても輝かしい記録を残してくれました。
 こうした50年の歩みの中で、現在は協会全体の人数、チーム数は減っていますが、当協会としてはいつの日かミニバス、ジュニアの選手の中からBリーグで又、WJBL(女子リーグ)でプレーする選手に育ってほしい、出て来てほしいというのが悲願でもあります。Bリーグナンバー1の力を持つ千葉ジェッツの前座試合で市原選抜の子供たちがアリーナで試合をして大きな感動と感激を得ています。
 いつか、市原スーパーアリーナに市原で育ったプロ選手を迎えて大応援をしたいですね。多目的施設としての市原スーパーアリーナは室内競技団体の夢でもあり市原市の文化施設としての機能も十分保てると思います。「変わりゆく、バスケットボールから市原市にアリーナを!!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る