ふんわり感が魅力、編むネックレス

ふんわり感が魅力、編むネックレス

 昨年12月、ちはら台コミュニティセンターで長柄町在住の手芸講師、田口雅子さんによる『ちはら☆あらかると ネックレスを編む』が行われた。作成したのはピンクや薄紫色の花びらに濃紫色の花芯を合わせた花のモチーフを連ねたネックレス。黒色のリボンを首にかけ、ボタンで着脱できるようになっている。柔らかく上品なイメージで、シンプルなセーターなどに合わせると気分も変わりそうだ。
 ここでは花びらが一重の花のモチーフの編み方を紹介する。0号のレース針と25番手の刺繍糸6本使いで編んでいく。『花芯』糸の先端を輪にする。1段目は鎖編み1(立ち目)・細編み6で鎖編みをした立ち目へ引き抜く。2段目は倍の12目で編む。『花びら』糸を変えて、鎖1(立ち目)・細1・鎖3・長編み3・鎖3・細1を6回編んで上記と同様に立ち目へ引き抜いたら出来上がり。 
 モチーフが編めるようになれば、複数作ってコサージュにしたりブローチに挑戦したりすることもできる。アットホームな雰囲気の同講座、初めは苦心していた参加者も田口さんの指導で、レース針と糸に「少し慣れてきました」と花を完成させてホッとした表情。「説明文や図面を見て作るよりも、人と向き合い、直接手元や作品を見て学ぶ方がより早く習得できるようになります。好きでやってきた仕事をこれから世の中に少しでも還元していきたいと思います。もの作りは穏やかな気持ちで少ずつ進めるといいですよ」と笑顔で話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る