ブラサガリン坊

遠山あき

 小湊鉄道里見駅へ入ろうとする場所の約百メートル程手前へくると、私は立ち上がって外を見る。もうすっかり落葉して裸になったエノキの大木が構内に何本もあって、その枝の分かれ目から、なんとも可愛らしい黒いボールがコロンポロンとぶらさがっているのである。風の強い日には、そのボールが右に左に揺れて追いかけっこをしているように騒いでいる。小さいのは直径十センチほど、大きいのは径五十センチはあろうか。一本に大小あわせて十個も十五もついている。雨の日は濡れてショボンと下がって、ほんとに可愛い。私は勝手に「ブラサガリン坊」と呼んで楽しみに眺めている。不思議にこの坊やはエノキにしか付かない。ほかにもエノキは沢山あるのに、この里見駅の樹に限ってぶら下がっている。ボールは黒色と思っていたら、よく見ると藍色を帯びた、くすんだ緑であった。
 ある日孫の車に乗って通った時、「ア、早く見て見て!」と叫んだ。「アラ、ヤドリギね」と孫は言った。「まあ、これってそういうの?」「そうよ」
 それで、車を止めて詳しく見ることにした。ヤドリギの学名は知っている。種類の違う他の植物に寄生する植物だ。でもこの坊やがヤドリギの種類だったとは。エノキの下で一番近い坊やへ棒を伸ばして、一枝折り取った。なんと!肉厚の二枚葉が密集してついている。この葉が集まってボールを形造っていたのだ。ふーん、私はしみじみとその枝を見つめた。二枚葉の元に半透明の黄色っぽい実が二個、愛らしく重なってついている。マア、坊やに実があったとは! ぷよぷよしている実を潰してみた。ねばる。糸を引く。指先にくっつく。ア!分かった。この実を見つけた小鳥がついばむ。小鳥は飛び立って離れた所へ糞をする。図らずも種を運んでくれるのだ。ネバネバするから、糞はタラーリと樹の枝に粘りついて其処に種を下ろす。しめた!種はその樹皮を破って食い込む。自分の力で土中から栄養を吸い上げなくても親樹のエノキが養分を吸ってくれる。自分はコロンポロンと遊んでいればよい、寄生植物である。
 ああ、あの可愛い坊やが誠に要領のよい横着者だったとは……。でも、やっぱりこの坊や、可愛いけど。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る