ブラサガリン坊

遠山あき

 小湊鉄道里見駅へ入ろうとする場所の約百メートル程手前へくると、私は立ち上がって外を見る。もうすっかり落葉して裸になったエノキの大木が構内に何本もあって、その枝の分かれ目から、なんとも可愛らしい黒いボールがコロンポロンとぶらさがっているのである。風の強い日には、そのボールが右に左に揺れて追いかけっこをしているように騒いでいる。小さいのは直径十センチほど、大きいのは径五十センチはあろうか。一本に大小あわせて十個も十五もついている。雨の日は濡れてショボンと下がって、ほんとに可愛い。私は勝手に「ブラサガリン坊」と呼んで楽しみに眺めている。不思議にこの坊やはエノキにしか付かない。ほかにもエノキは沢山あるのに、この里見駅の樹に限ってぶら下がっている。ボールは黒色と思っていたら、よく見ると藍色を帯びた、くすんだ緑であった。
 ある日孫の車に乗って通った時、「ア、早く見て見て!」と叫んだ。「アラ、ヤドリギね」と孫は言った。「まあ、これってそういうの?」「そうよ」
 それで、車を止めて詳しく見ることにした。ヤドリギの学名は知っている。種類の違う他の植物に寄生する植物だ。でもこの坊やがヤドリギの種類だったとは。エノキの下で一番近い坊やへ棒を伸ばして、一枝折り取った。なんと!肉厚の二枚葉が密集してついている。この葉が集まってボールを形造っていたのだ。ふーん、私はしみじみとその枝を見つめた。二枚葉の元に半透明の黄色っぽい実が二個、愛らしく重なってついている。マア、坊やに実があったとは! ぷよぷよしている実を潰してみた。ねばる。糸を引く。指先にくっつく。ア!分かった。この実を見つけた小鳥がついばむ。小鳥は飛び立って離れた所へ糞をする。図らずも種を運んでくれるのだ。ネバネバするから、糞はタラーリと樹の枝に粘りついて其処に種を下ろす。しめた!種はその樹皮を破って食い込む。自分の力で土中から栄養を吸い上げなくても親樹のエノキが養分を吸ってくれる。自分はコロンポロンと遊んでいればよい、寄生植物である。
 ああ、あの可愛い坊やが誠に要領のよい横着者だったとは……。でも、やっぱりこの坊や、可愛いけど。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る