火災予防の意識を高めよう

 3月初旬の朝、光風台団地内に「戸締り用心、火の用心」と大きな声が響いた。恒例の光風台中央幼稚園(西川正子園長)『幼年消防クラブ防火パレード』(市原市消防局主催)が行われ、年長園児64人が参加した。
 同クラブは昭和58年4月に設立され、今年で31年目を迎えた。毎年『春の全国火災予防運動』にあわせて、パレードを行い地域の住民に防火を呼びかけるとともに、セレモニー後に行われる初期消火訓練や消防車両等の見学を通じて、園児が消防の仕事や火の取り扱い等を理解することにより火遊び等の火災減少を目指している。
 スタート地点の周辺にはたくさんの見学者が集まり、保護者の女性は「娘が参加しているので」と撮影ポイントを探し、鶴舞から来た女性は「はじめて見に来ました。楽しみです」と心待ちにしていた。
 お揃いの法被を着た園児たちは「火あそびはしません」のプラカードやフラッグを掲げ、梯子や纏を持って歩きながら、小太鼓のリズムと掛け声に合わせ約20分をかけパレードを行った。
 パレード後は、光風台中央公園へ移動しセレモニーが行われた。西川直文さん(同幼稚園理事長)と市原与志雄さん(市原中央消防署長)のあいさつがあり、火の用心の歌を園児たちが披露するなどして終了となった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る