火災予防の意識を高めよう

 3月初旬の朝、光風台団地内に「戸締り用心、火の用心」と大きな声が響いた。恒例の光風台中央幼稚園(西川正子園長)『幼年消防クラブ防火パレード』(市原市消防局主催)が行われ、年長園児64人が参加した。
 同クラブは昭和58年4月に設立され、今年で31年目を迎えた。毎年『春の全国火災予防運動』にあわせて、パレードを行い地域の住民に防火を呼びかけるとともに、セレモニー後に行われる初期消火訓練や消防車両等の見学を通じて、園児が消防の仕事や火の取り扱い等を理解することにより火遊び等の火災減少を目指している。
 スタート地点の周辺にはたくさんの見学者が集まり、保護者の女性は「娘が参加しているので」と撮影ポイントを探し、鶴舞から来た女性は「はじめて見に来ました。楽しみです」と心待ちにしていた。
 お揃いの法被を着た園児たちは「火あそびはしません」のプラカードやフラッグを掲げ、梯子や纏を持って歩きながら、小太鼓のリズムと掛け声に合わせ約20分をかけパレードを行った。
 パレード後は、光風台中央公園へ移動しセレモニーが行われた。西川直文さん(同幼稚園理事長)と市原与志雄さん(市原中央消防署長)のあいさつがあり、火の用心の歌を園児たちが披露するなどして終了となった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る