心豊かに陶芸で遊ぶ

陶芸をメインに他の得意ジャンルの作品も展示

 6月下旬、鶴舞にある上総更級美術館で市原市平三小学校の地域陶芸サークル『平山窯』の作品展が開催された。
 2005年に地域住民のサークル活動としてスタートして今年で10年目。現在、メンバーは10名。大半が地元、南市原の住民。美術家の木寺啓幸さんと陶芸家の原地宏幸さんは、指導やアドバイスはするが、各々が好きなものを作るサークルを目指してきた。そのため、レベルの高い作品もあるが、「こんなものも陶芸で作れるんだ」というユニークな作品も見られた。
 同時に、陶芸仲間の集まりではあるが、今回は陶芸以外に自分の得意とするアート作品も出品された。加えて、元平三小学校の校長を務めた古滝正治さんの銅版画の展示により会場は静謐な雰囲気も漂わせていた。
 講師陣の木寺さんと原地さんを除く作品展参加メンバーは8名。二人が「自ら開発した技術で制作した大作の大壺は見事。色彩といい、造形といい、技法といい完璧」と賞賛する元大工の棟梁で80歳になる田丸さんは、退会したものの「友情出品」をしてくれたのだとか。
 サークルでは、随時、会員を募集している。基本的には陶芸を通じて地域活性化をと活動しているので、地元の方に参加してほしいが、他地域在住の方も、また初心者でもOK。メンバーの中には入会して2年足らずで皆を追い越すほど腕を上げる人もいるそう。他の公民館の陶芸サークルと異なる点は、ガス窯を使用していること。サークルの活動日は毎週日曜日の9時から正午までだが、その後も作業したい人は継続可。場所は窯のある平三小学校で。

問合せ 宮田靖さん
TEL 090・3579・2356

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る