彼らの悲鳴が今も絵から聞こえる『原爆の絵展』

 8月17日(日)まで、いすみ市大原にあるいすみ市市民ギャラリーで『原爆の絵展』が開催されている。会場に飾られた絵は26点。主に昭和49年と50年に収集されたもので、実際に戦争を体験された方が描いた、戦争の記録である。他にも、きのこ雲や荒れ地から復興までの光景を写したポスターも並べられている。
「この展示は平成20年から行われていて、所蔵される広島平和記念資料館からお借りしている。毎年絵は変わっているが、見られた方からは、平和の大切さが分かる、自分の戦争体験の記憶と重なったなどの感想をいただきます」と話すのは、いすみ市役所総務課主査の吉清丈司さん。
 加えて今年は、2歳で被爆し10年後に白血病で亡くなった、『原爆の子の像』のモデルでもある佐々木貞子さんについての展示も併設されている。「いすみ市では、国吉中、大原中、岬中から各2名ずつが平和記念式典にも参加している。この展示会では年配の方だけでなく、多くの子どもたちにもしっかりと戦争の過去を見つめてもらいたい」と吉清さんは続けた。
 展示中の絵は出兵する男性、焼死した人間、うつむいて涙を流す女性など、描き方や場面も多種にわたる。漫画やドラマでは描き出せない戦争というリアルさが、紙の上で生きているのを感じた。集団的自衛権、憲法9条改正などの問題で日本社会が揺れている今、過去の人々が学んできた事実から目をそむけてはいけない絵なのではないだろうか。

問合せ いすみ市教育委員会生涯学習課
TEL 0470・62・2811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る