彼らの悲鳴が今も絵から聞こえる『原爆の絵展』

 8月17日(日)まで、いすみ市大原にあるいすみ市市民ギャラリーで『原爆の絵展』が開催されている。会場に飾られた絵は26点。主に昭和49年と50年に収集されたもので、実際に戦争を体験された方が描いた、戦争の記録である。他にも、きのこ雲や荒れ地から復興までの光景を写したポスターも並べられている。
「この展示は平成20年から行われていて、所蔵される広島平和記念資料館からお借りしている。毎年絵は変わっているが、見られた方からは、平和の大切さが分かる、自分の戦争体験の記憶と重なったなどの感想をいただきます」と話すのは、いすみ市役所総務課主査の吉清丈司さん。
 加えて今年は、2歳で被爆し10年後に白血病で亡くなった、『原爆の子の像』のモデルでもある佐々木貞子さんについての展示も併設されている。「いすみ市では、国吉中、大原中、岬中から各2名ずつが平和記念式典にも参加している。この展示会では年配の方だけでなく、多くの子どもたちにもしっかりと戦争の過去を見つめてもらいたい」と吉清さんは続けた。
 展示中の絵は出兵する男性、焼死した人間、うつむいて涙を流す女性など、描き方や場面も多種にわたる。漫画やドラマでは描き出せない戦争というリアルさが、紙の上で生きているのを感じた。集団的自衛権、憲法9条改正などの問題で日本社会が揺れている今、過去の人々が学んできた事実から目をそむけてはいけない絵なのではないだろうか。

問合せ いすみ市教育委員会生涯学習課
TEL 0470・62・2811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る