彼らの悲鳴が今も絵から聞こえる『原爆の絵展』

 8月17日(日)まで、いすみ市大原にあるいすみ市市民ギャラリーで『原爆の絵展』が開催されている。会場に飾られた絵は26点。主に昭和49年と50年に収集されたもので、実際に戦争を体験された方が描いた、戦争の記録である。他にも、きのこ雲や荒れ地から復興までの光景を写したポスターも並べられている。
「この展示は平成20年から行われていて、所蔵される広島平和記念資料館からお借りしている。毎年絵は変わっているが、見られた方からは、平和の大切さが分かる、自分の戦争体験の記憶と重なったなどの感想をいただきます」と話すのは、いすみ市役所総務課主査の吉清丈司さん。
 加えて今年は、2歳で被爆し10年後に白血病で亡くなった、『原爆の子の像』のモデルでもある佐々木貞子さんについての展示も併設されている。「いすみ市では、国吉中、大原中、岬中から各2名ずつが平和記念式典にも参加している。この展示会では年配の方だけでなく、多くの子どもたちにもしっかりと戦争の過去を見つめてもらいたい」と吉清さんは続けた。
 展示中の絵は出兵する男性、焼死した人間、うつむいて涙を流す女性など、描き方や場面も多種にわたる。漫画やドラマでは描き出せない戦争というリアルさが、紙の上で生きているのを感じた。集団的自衛権、憲法9条改正などの問題で日本社会が揺れている今、過去の人々が学んできた事実から目をそむけてはいけない絵なのではないだろうか。

問合せ いすみ市教育委員会生涯学習課
TEL 0470・62・2811

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る