産後のボディケアで美しい母に!

 市の健康づくり計画『健康いちはら21』の推進事業の一つ、元気はつらつ運動教室『美しい母になろう!産後のボディケア&フィットネス』(全2回)が市原市保健センターで奇数月に開かれている。若い世代は運動習慣のある人が比較的少ないので、産後3、4か月の母子対象に育児をしながらできる運動を体験してもらうのが目的。7月に開かれた同教室初日を取材した。
 講師はNPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターの若菜ひろみさん(36)。子育てをする体力をつけ、肩こり、腰痛、心の不調など産後のトラブルをケアする方法を伝授した。まず、赤ちゃんを抱っこしたり、床に寝かせたりした11人の母親が行ったのは、軽快な音楽に合わせ動く『バランスボールエクササイズ』。ボールに座り脚を付け根から外またにしっかり開き、ひざ裏の角度を90度以上にするという基本姿勢で、骨盤は床に対して垂直にし、背筋をのばして弾む。
 赤ちゃんと一緒にエクササイズするときは頭をひじと胸でしっかり固定し抱っこする。「音楽に合わせ規則正しく弾むと、心地よい振動が伝わり、ぐずる赤ちゃんの機嫌もよくなる」とのこと。足や腰を動かし、「骨盤底筋や子宮回りの筋肉を鍛える」、「リンパの集中する脚の付け根を刺激する」など運動効果について話し、笑顔で弾み続ける若菜さん。手の動きを加え徐々に動きを複雑にすると、何とかついていこうとする母親たちの明るい笑い声に赤ちゃんの声も交じり教室はさらに賑やかになった。両ひじを後ろに引き肩甲骨回りを動かすと肩こりの解消になり「新鮮な血液が流れよい母乳が出る」そうだ。
 およそ1時間弾んだあとは脳を活性化する『コミュニケーションスキルを磨く』ワーク。二人組になり「24時間以内に起きたよかったこと」をそれぞれ言葉にした。「よかったこと探しが目的ではなく、自分の関心がどこに向いているか分かり、客観視できる。他の人と分かち合うことで、相手のこともわかる。ぜひパートナーとやってみてほしい」。
 最後は日常生活の中でできる『セルフケア』。今回は「平らなお腹の作り方」。産後の体型が崩れる原因は「出産ではなく骨盤の角度」。正しい骨盤の角度(床に対して垂直)を支える筋肉を意識しながら、オムツ替え、立つ、座るという赤ちゃんとの生活を筋トレにしていく。「エクササイズさせてくれてありがとうという気持ちになれる」という。
 若菜さんは「出産後の女性は子育てが中心になり、自分の心身の悩みを後回しにしがち。自分の心と体をセルフケアし楽しい子育てをしてほしい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る