産後のボディケアで美しい母に!

 市の健康づくり計画『健康いちはら21』の推進事業の一つ、元気はつらつ運動教室『美しい母になろう!産後のボディケア&フィットネス』(全2回)が市原市保健センターで奇数月に開かれている。若い世代は運動習慣のある人が比較的少ないので、産後3、4か月の母子対象に育児をしながらできる運動を体験してもらうのが目的。7月に開かれた同教室初日を取材した。
 講師はNPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターの若菜ひろみさん(36)。子育てをする体力をつけ、肩こり、腰痛、心の不調など産後のトラブルをケアする方法を伝授した。まず、赤ちゃんを抱っこしたり、床に寝かせたりした11人の母親が行ったのは、軽快な音楽に合わせ動く『バランスボールエクササイズ』。ボールに座り脚を付け根から外またにしっかり開き、ひざ裏の角度を90度以上にするという基本姿勢で、骨盤は床に対して垂直にし、背筋をのばして弾む。
 赤ちゃんと一緒にエクササイズするときは頭をひじと胸でしっかり固定し抱っこする。「音楽に合わせ規則正しく弾むと、心地よい振動が伝わり、ぐずる赤ちゃんの機嫌もよくなる」とのこと。足や腰を動かし、「骨盤底筋や子宮回りの筋肉を鍛える」、「リンパの集中する脚の付け根を刺激する」など運動効果について話し、笑顔で弾み続ける若菜さん。手の動きを加え徐々に動きを複雑にすると、何とかついていこうとする母親たちの明るい笑い声に赤ちゃんの声も交じり教室はさらに賑やかになった。両ひじを後ろに引き肩甲骨回りを動かすと肩こりの解消になり「新鮮な血液が流れよい母乳が出る」そうだ。
 およそ1時間弾んだあとは脳を活性化する『コミュニケーションスキルを磨く』ワーク。二人組になり「24時間以内に起きたよかったこと」をそれぞれ言葉にした。「よかったこと探しが目的ではなく、自分の関心がどこに向いているか分かり、客観視できる。他の人と分かち合うことで、相手のこともわかる。ぜひパートナーとやってみてほしい」。
 最後は日常生活の中でできる『セルフケア』。今回は「平らなお腹の作り方」。産後の体型が崩れる原因は「出産ではなく骨盤の角度」。正しい骨盤の角度(床に対して垂直)を支える筋肉を意識しながら、オムツ替え、立つ、座るという赤ちゃんとの生活を筋トレにしていく。「エクササイズさせてくれてありがとうという気持ちになれる」という。
 若菜さんは「出産後の女性は子育てが中心になり、自分の心身の悩みを後回しにしがち。自分の心と体をセルフケアし楽しい子育てをしてほしい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る