睦沢町の芸術家と触れ合う夏

 9月7日(日)まで、長生郡睦沢町の睦沢町立歴史民俗資料館で、『特別展 睦沢町の芸術家』が開催されている。
 睦沢町の豊かな自然に育まれ創作活動をする芸術家や町ゆかりの芸術家6人の作品81点を展示している。担当学芸員の久野一郎さんは、「縁あって6人の方々が出品に協力してくれた。すべて館収蔵品ではなく作家所蔵品。現在も旺盛な作家活動をしている作家を紹介したい。その作品のほとんどが近作です」と話す。
 通常、館の名称の通り、町の文化財や伝統文化に関わる展示をしている同館だが、今回の特別展では、2階の展示会場がアートギャラリーに。「限られた予算とスペースの中で、光源やライティングを工夫して作品の魅力をできる限り引き出したいと考えた」と久野さん。
 今回、展示された作家は、日本画・堀越保二さん、洋画・中村次雄さん、下川吉博さん、仏像彫刻・小岩井節一さん、陶芸・齊藤登男さん、陶芸・小原由紀子さん。いずれも各々のスペースで、それぞれの作品世界を存分に展開しており、対峙していると引き込まれそうな感じだ。
 久野さんは「ルオーの絵に魅了され画家になろうと思った下川さんが、故郷の九州に帰り、下関にある倉庫街の古びた壁を見ていいと感じ描いた作品や、作品の前に立つと温度が伝わってくる堀越さんの作品、縄文土器に憧れ陶芸で表現し、日本人の最も奥深い原風景を保っている齊藤さんの作品等々、様々な作品があります」と語る。
 猛暑続きの日々、しばし涼しい室内でのアート鑑賞のひとときを過ごされては。
開館時間9~17時(入館は16時30分まで)、月曜休館、入館料は無料

問合せ 睦沢町立歴史民俗資料館
TEL O475・44・0290

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る