【市原市】陶器も空気を吸って成長する

大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオブジェ、花器、土鍋など多岐にわたり総数は優に100を超えている。
鵜澤さんが陶芸を始めたのは今から43年前、市原市役所に勤務している時だった。「第2子となる長男が生まれ、仕事の忙しさに忙殺される中、職場の同僚が市原市鶴舞の陶芸教室に通っていたことがきっかけで入会した」とか。無心に没頭できる陶芸の虜になり、1982年に自宅兼ギャラリーに灯油窯を築いた。次第に制作する量が増え、電気窯を購入。そして2007年、知り合いに頼んでついに穴窯を造ったが、そこは作品が電気窯の数倍入る広さ。以来、大量の薪を使い、80時間かけて焼き上げる窯焼きを続けている。
市原市内だけでなく千葉市や都内六本木、銀座、そして大学時代を過ごした松本市で個展を開催。陶芸を学ぶため様々な展示会に足を運ぶ労も惜しまず、結果、陶芸財団展で何度も入賞している。「重ねてきた様々な経験が、作品やタイトルにインスピレーションを与えてくれます。より情緒を表現できるように、書物や音楽から学んだりするのも楽しかったです。今後も可能な限り、薪窯と展示会を続けて行きたいですね」という鵜澤さんは、最後に「裏の山桜の大樹が綺麗に咲き誇っている姿も見ていただけます。ぜひ、遊びにいらしてください」と続けた。
開催時間は午前11時から午後17時。入場無料。詳細は問合せを。
問合せ:鵜澤さん
TEL.090・2768・1286
市原市中高根32の1

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る