働く人の味方!作りおきできる薬膳料理

 4月21日(土)、市原市立加茂公民館で開催された『作りおき薬膳料理』。講師の木村みどりさんは、「春は肝臓の働きが変動します。体の上部の調子を崩しがちにもなりますので、花芽や木の芽や山菜の苦みを食べて不安定な心と体のバランスを整えましょう」と話す。
 今回は薬膳料理の中でも、作りおきが可能なものを伝授。メニューは旬の食材を使った「筍のきんぴら」や「木の芽味噌」を主に、レバー入りソーセージや玉葱カレー酢漬けなど食欲をそそるものから、ヨーグルトに添えるイチゴソース、筍のスーラー湯など季節を感じさせる一品まで様々。「仕事をしている人も、作りおきしておけば家に帰ってからパパッと簡単にできますよね。新しいおかずを食卓に並べたくて勉強にきました」と話す参加者。
 春の食材を使った作りおきメニューをご紹介。『筍のキンピラ』は、茹筍200g、人参1本を千切りにして、唐辛子1本を小口切りにする。それらをごま油大さじ2で炒め、醤油大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ2で味付け。白ゴマ大さじ1を半ずりして振りかけて完成だ。冷蔵庫で4日は保存可能な筍のキンピラは、焼きそばやチンジャオロースなどに変化もでき美味しく楽しめる。
 筍には食物繊維やカリウムが豊富で、低カロリー。身体を涼しくさせる効果がある。反対に、唐辛子は体を熱くするので、冷え症や免疫力を高めたい人にオススメ。そして、保存期間が長いのが『木の芽味噌』。講座開催日の前日に、木村さん自らが山で採ってきた新鮮なサンショウを使用するとの説明に、参加者からは喜びの声も上がった。
 作り方は以下。木の芽1カップをよくすり、砂糖100gを加えてさらにすり、白みそ100gを加えて再度する。固さをみながらみりんを加えれば完成。この日はフードプロセッサーを使用したので、時間も手間もかからなかった。木村さんはテーブルを回りながら、「必ず砂糖を白みそより先に混ぜてください。同時に混ぜると鮮やかな色がでません。綺麗な木の芽の緑が消えてしまいます」とアドバイス。
 木の芽味噌は、一口大に切って茹でたイカと筍を和えると木の芽和え、豆腐につけて焼けば田楽にもなる。「季節の野菜を使って調理すると、それだけで気分が変わりますね」、「料理を作る過程だけでなく、盛ったお皿によって見栄えが変わるのも面白いね」など、口々に話す参加者達。
 「筍の甘酢漬けは梅干しをたたいて混ぜ、みりんを加えると美味しいです。カニカマやキュウリの千切りと和えるだけで、お客様にも簡単に出せて目を引く一品ですよ」と木村さん。テーブルの上には、春の体を元気にする色とりどりの食材が並んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る