夢と希望そして健康をジュニア育成と生涯スポーツめざして
市原市卓球協会

 卓球は福原愛ちゃんブームと騒がれて以来、脚光をあびるようになってきた。しかし、野球、サッカー、バスケットボールなどのようなメジャーではなく、まだまだマイナーであると言わざるを得ない。テレビ等で放映されるのも世界選手権・全日本選手権ぐらいである。では、卓球競技人口はどうかというと少なくはないと考えられる。
 市原市も生涯スポーツとしての卓球競技人口は多いのではないかと感じる。市内の各施設の体育館、公民館や自治会館等では、連日、卓球競技(硬式・ラージ)のサークル・団体の活動が有り、その多さには驚かされる。市原市卓球協会では、楠原前会長の尽力により県内いち早くラージボールの普及を図り、大会を開催したが、その活動の多さ、参加している人たちの元気さには目を見張るものがある。協会としては、サークル・団体の把握・紹介を進めていきたいと考えている。
 次に、硬式卓球は中学・高校・一般とあるが、ジュニア層の育成には各中高の指導者の労によるところが多い。さらに小中学生はクラブチームによる選手育成に頼っているのが実情である。市内のクラブチームでは、全日本クラブ選手権等に千葉県代表として出場している「トトロクラブ」が特筆すべきだろう。卓球をいざ始めようと思っても一人ではできにくい。どうしてもサークルやクラブに所属することになる。その意味でも、ジュニア層の育成には、小中の指導者の育成とクラブチームとの連携を図りながら行う必要がある。そして、子ども達は夢と希望を持ちながら、高齢者はより健康であるためのスポーツとして、卓球を見て、やりたいと思える競技にしていきたい。今後も小中高一般と活躍が繋がるよう、卓球協会としても支援していきたい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る