夢と希望そして健康をジュニア育成と生涯スポーツめざして
市原市卓球協会

 卓球は福原愛ちゃんブームと騒がれて以来、脚光をあびるようになってきた。しかし、野球、サッカー、バスケットボールなどのようなメジャーではなく、まだまだマイナーであると言わざるを得ない。テレビ等で放映されるのも世界選手権・全日本選手権ぐらいである。では、卓球競技人口はどうかというと少なくはないと考えられる。
 市原市も生涯スポーツとしての卓球競技人口は多いのではないかと感じる。市内の各施設の体育館、公民館や自治会館等では、連日、卓球競技(硬式・ラージ)のサークル・団体の活動が有り、その多さには驚かされる。市原市卓球協会では、楠原前会長の尽力により県内いち早くラージボールの普及を図り、大会を開催したが、その活動の多さ、参加している人たちの元気さには目を見張るものがある。協会としては、サークル・団体の把握・紹介を進めていきたいと考えている。
 次に、硬式卓球は中学・高校・一般とあるが、ジュニア層の育成には各中高の指導者の労によるところが多い。さらに小中学生はクラブチームによる選手育成に頼っているのが実情である。市内のクラブチームでは、全日本クラブ選手権等に千葉県代表として出場している「トトロクラブ」が特筆すべきだろう。卓球をいざ始めようと思っても一人ではできにくい。どうしてもサークルやクラブに所属することになる。その意味でも、ジュニア層の育成には、小中の指導者の育成とクラブチームとの連携を図りながら行う必要がある。そして、子ども達は夢と希望を持ちながら、高齢者はより健康であるためのスポーツとして、卓球を見て、やりたいと思える競技にしていきたい。今後も小中高一般と活躍が繋がるよう、卓球協会としても支援していきたい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る