夢と希望そして健康をジュニア育成と生涯スポーツめざして
市原市卓球協会

 卓球は福原愛ちゃんブームと騒がれて以来、脚光をあびるようになってきた。しかし、野球、サッカー、バスケットボールなどのようなメジャーではなく、まだまだマイナーであると言わざるを得ない。テレビ等で放映されるのも世界選手権・全日本選手権ぐらいである。では、卓球競技人口はどうかというと少なくはないと考えられる。
 市原市も生涯スポーツとしての卓球競技人口は多いのではないかと感じる。市内の各施設の体育館、公民館や自治会館等では、連日、卓球競技(硬式・ラージ)のサークル・団体の活動が有り、その多さには驚かされる。市原市卓球協会では、楠原前会長の尽力により県内いち早くラージボールの普及を図り、大会を開催したが、その活動の多さ、参加している人たちの元気さには目を見張るものがある。協会としては、サークル・団体の把握・紹介を進めていきたいと考えている。
 次に、硬式卓球は中学・高校・一般とあるが、ジュニア層の育成には各中高の指導者の労によるところが多い。さらに小中学生はクラブチームによる選手育成に頼っているのが実情である。市内のクラブチームでは、全日本クラブ選手権等に千葉県代表として出場している「トトロクラブ」が特筆すべきだろう。卓球をいざ始めようと思っても一人ではできにくい。どうしてもサークルやクラブに所属することになる。その意味でも、ジュニア層の育成には、小中の指導者の育成とクラブチームとの連携を図りながら行う必要がある。そして、子ども達は夢と希望を持ちながら、高齢者はより健康であるためのスポーツとして、卓球を見て、やりたいと思える競技にしていきたい。今後も小中高一般と活躍が繋がるよう、卓球協会としても支援していきたい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る