体協通信

夢と希望そして健康をジュニア育成と生涯スポーツめざして
市原市卓球協会

 卓球は福原愛ちゃんブームと騒がれて以来、脚光をあびるようになってきた。しかし、野球、サッカー、バスケットボールなどのようなメジャーではなく、まだまだマイナーであると言わざるを得ない。テレビ等で放映されるのも世界選手権・全日本選手権ぐらいである。では、卓球競技人口はどうかというと少なくはないと考えられる。
 市原市も生涯スポーツとしての卓球競技人口は多いのではないかと感じる。市内の各施設の体育館、公民館や自治会館等では、連日、卓球競技(硬式・ラージ)のサークル・団体の活動が有り、その多さには驚かされる。市原市卓球協会では、楠原前会長の尽力により県内いち早くラージボールの普及を図り、大会を開催したが、その活動の多さ、参加している人たちの元気さには目を見張るものがある。協会としては、サークル・団体の把握・紹介を進めていきたいと考えている。
 次に、硬式卓球は中学・高校・一般とあるが、ジュニア層の育成には各中高の指導者の労によるところが多い。さらに小中学生はクラブチームによる選手育成に頼っているのが実情である。市内のクラブチームでは、全日本クラブ選手権等に千葉県代表として出場している「トトロクラブ」が特筆すべきだろう。卓球をいざ始めようと思っても一人ではできにくい。どうしてもサークルやクラブに所属することになる。その意味でも、ジュニア層の育成には、小中の指導者の育成とクラブチームとの連携を図りながら行う必要がある。そして、子ども達は夢と希望を持ちながら、高齢者はより健康であるためのスポーツとして、卓球を見て、やりたいと思える競技にしていきたい。今後も小中高一般と活躍が繋がるよう、卓球協会としても支援していきたい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  2.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  3.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  4. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  5.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  6. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  7. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…
  8.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  9. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  10. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…

ピックアップ記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る