人生イキイキと!いい繋がりはいつか自分の糧になる

ハワイアンバンド『ウッドベール』

 市原市を拠点に活動するバンド『ウッド・ベール』は、聴く人に『リフレッシュ感!』を与えられることをモットーに、元気に練習を続けている。バンドとしては珍しい女性ベーシストでボーカルの新崎鐘登さんは、「今は6人で活動しています。以前は4人でしたが、メンバーの平均年齢は70歳。病気などの理由から入れ替わりもありました」と話す。
 メンバーは他に、ギターの浅川武久さん、ウクレレの徳原達郎さん、スチールの竹重隼男さん、パーカッションの鈴木清明さん、大塚隆一さん。大塚さんはスチールやウクレレ、ベースなど多種に渡る楽器を使いこなし、同バンドでアドバイザーとしても活躍している。「みんなそれぞれ人生の苦楽を味わってきました。人間、子どもや配偶者、色んなことに惑わされているけれど、自分の人生は自分のもの。幸せや楽しいことも自分で決めるんです。私たちは、自分のやりたいことをするように心がけて、イキイキと楽しんでいます」と新崎さん。
『ウッド・ベール』が練習を行うのは月2回。メンバーは長生郡にある長柄ダムを見下ろせるロッジで丸1日を過ごす。このロッジは、新崎さんが自ら増改築を繰り返しながら完成させたもので、楽器設備の他にも、フラワーアレンジメントや絵画が飾られ素敵な内装になっている。ウッドデッキに出れば、秋の季節は風も気持ち良く、メンバーもリフレッシュした気持ちになるという。『ウッド・ベール』というバンド名も、この場所が由来になっている。「木のベールに囲まれたこの場所はとても素敵なんです。ここにはコーヒーを飲みに来てくれる友達もいるので、リクエストを受けて、メンバーと演奏したりするんです」と新崎さんは続ける。ゆったりと時間が流れる中での演奏は、なによりの癒しになっている。
「ボランティア活動ですので、お問い合わせいただければ出演依頼も引き受けます」と笑顔を見せる新崎さん。これまで、四街道市のイベントホールや菊間コミュニティセンター、youホールでの敬老会などに出演してきた。「メンバーは『ウッド・ベール』以外にも音楽活動をしていますので、全員が集まるということは結構難しいんです。でも、練習を続けていくうちにかなり上達もしました。大塚さんがアドバイザーとして音についてや、ハモりを入れたほうがいいなど色々な指示を出してくれるのですごく助かります」と語る新崎さんが、バンド活動を続けていて一番嬉しいのは「イベントから帰ってきて、演出を見ていてくれた方からの声をいただくとき」だとか。
 主に演奏するのは、ハワイアン音楽やカントリーミュージック。年齢層が上になると、言葉の問題などからすべてを理解するのは難しい。そこで、その世代が高校生のころに流行っていた曲を取り入れることも多い。
 ただ、年代が高いための問題もある。ベースやパーカッション、スチールなど色々な楽器を扱っているからこそ、機材の運搬が大変なのだ。運んでくれるような専門の人もいない、でも道具は持っていかなければならない。「セッティングをするにも時間がかかってしまう」という。それでもバンド活動を続けるのは、観客の笑顔を見るためと、ほんの少しの好奇心かもしれない。
 新崎さんは、「お年寄りの方でも、探究心を持って頑張っている方や目標を持っている方は目がキラキラとしています。子どもたちが写真を撮ると輝いているのと同じです。私が大切にしているのは、目標と愛と夢を持つこと」と熱く話す。夢があれば、叶うまで元気で頑張ることができる。目標を持つことで意識が変わる。そして、恋愛だけでなく誰かを大切に愛することで、イキイキと暮らせるのだ。
『ウッド・ベール』はなにより新崎さんのトークが魅力の1つ。「ベースをしながら歌うのはとても大変ですが、誘ってくれるのは嬉しいのでイベントにも喜んで参加しています。演奏の合間にするトークでは、流行りのコメディアンのフレーズも入れるので、評判は上々です」と満面の笑みを見せた。年に3回ロッジで『ふれあいライブ』を開催していて、次回は12月6日(土)13時からを予定。コーヒーを飲みながら演奏を聴けるチャンス。詳細は新崎さんまで問合せを。

問合せ 新崎さん
TEL 090-3438-1575

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る