「足育」ノススメ

 9月7日、八幡公民館で主催講座『子育てプラス 足裏マッサージ』が行われ、未就園児とその保護者12組が参加した。「誰もが簡単にできる健康法。毎日3分でもいいから足を触ってみて」と講師、NPO法人『地球足もみ健康法実践普及協会』の山口律子さん(市内在住)。
 足は第2の心臓。足を揉むと血流が促進され、体の隅々にまで酸素と栄養がいきわたる。また、老廃物の排泄も促進されるので代謝がよくなり細胞の活性化につながる。山口さんの指導により、足指ジャンケン、足指を1本ずつ回す、前後左右に割くように引っ張る、足裏とふくらはぎを揉む、など足をたくさん動かした。老廃物が溜まっている痛い所を中心に触るといい。親指は頭と首の反射区なので念入りに。頭痛、首こりなどに効く。
 後半は、寝転ばせた子どもの足裏を音楽に合わせてマッサージ。両足を持って股関節を回したりも。子どもたちは気持ちがいいのか、うっとりした表情で母親に体を預けた。「足裏に異常のある子が増えている。お子さんの足は大丈夫ですか。足揉みによる『足育』を子育てに是非とり入れて。体も心も元気になりますよ」と山口さん。
 最後に足裏の真ん中より少し上にある腎臓のツボを押し、白湯を飲んで講座は終わり。参加者からは「体が軽くなった」、「ポカポカしてきた」など血行がよくなったことがうかがわれる感想が聞かれた。
 子育て中の親を応援する『子育てプラス』、次回は10月26日の『リフレッシュ体操』。別室で民生委員が子どもの面倒を見てくれる。普段は忙しい母親業、ちょっと一息入れてみては。

問合せ 八幡公民館
TEL 0436・41・1984

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る