「足育」ノススメ

 9月7日、八幡公民館で主催講座『子育てプラス 足裏マッサージ』が行われ、未就園児とその保護者12組が参加した。「誰もが簡単にできる健康法。毎日3分でもいいから足を触ってみて」と講師、NPO法人『地球足もみ健康法実践普及協会』の山口律子さん(市内在住)。
 足は第2の心臓。足を揉むと血流が促進され、体の隅々にまで酸素と栄養がいきわたる。また、老廃物の排泄も促進されるので代謝がよくなり細胞の活性化につながる。山口さんの指導により、足指ジャンケン、足指を1本ずつ回す、前後左右に割くように引っ張る、足裏とふくらはぎを揉む、など足をたくさん動かした。老廃物が溜まっている痛い所を中心に触るといい。親指は頭と首の反射区なので念入りに。頭痛、首こりなどに効く。
 後半は、寝転ばせた子どもの足裏を音楽に合わせてマッサージ。両足を持って股関節を回したりも。子どもたちは気持ちがいいのか、うっとりした表情で母親に体を預けた。「足裏に異常のある子が増えている。お子さんの足は大丈夫ですか。足揉みによる『足育』を子育てに是非とり入れて。体も心も元気になりますよ」と山口さん。
 最後に足裏の真ん中より少し上にある腎臓のツボを押し、白湯を飲んで講座は終わり。参加者からは「体が軽くなった」、「ポカポカしてきた」など血行がよくなったことがうかがわれる感想が聞かれた。
 子育て中の親を応援する『子育てプラス』、次回は10月26日の『リフレッシュ体操』。別室で民生委員が子どもの面倒を見てくれる。普段は忙しい母親業、ちょっと一息入れてみては。

問合せ 八幡公民館
TEL 0436・41・1984

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る