愛好者に支えられ50周年 市原市ラグビーフットボール協会

 昭和30年代中頃に京葉臨海工業地帯が造成され、地方より各企業が進出し、福利厚生の一環として多くのクラブが創部されました。昭和41年に高度経済成長と共に、市原市ラグビーフットボール協会が設立されて来年で50周年を迎えます。
 当協会の50年は、日本経済と社会のスポーツ愛好者に大きく左右されながらの歴史でありました。高度経済成長と共に大きく成長しましたが、オイルショックでは先輩諸氏が職場を去り、バブル崩壊後の経済低迷期では最小限採用により後継者不足のまま部員は高齢化し、企業クラブとしての活動が難しくなり現在の形態となりました。幾多の困難の中、多くのラグビー愛好者に支えていただきながら、50周年を迎えることとなります。
 現在は、協会事業として普及育成のラグビースクールやタグラグビー教室、生涯スポーツとしてのラグビー競技の普及において、18歳~動けるまでのチーム・現役と不惑の2部構成である市原ラグビークラブも創部され、活発な活動を行っております。平成24年から市原市ラグビーフェスタをオリプリスタジアムでトップチームを呼び、レベルの高い試合を市民の皆さんが観戦しており、関係者の努力で評価を得ているところから、今後も継続し実施していこうと思います。
 リオデジャネイロオリンピックから採用されます7人制ラグビー(セブンズ)は、市民体育大会でセブンズを採用し、現在では市原セブンズ大会へと進化し30年以上の歴史があり、千葉県内外のラグビーチームが参加して毎年開催しております。また、市原市市民大会では、リーグ戦秋季大会も実施しています。ぜひ、生涯スポーツとして楽しみましょう!
・市原市ラグビースクール
(日)9時~ 辰巳台東小学校 
・タグラグビー教室
1/11、2/8、3/89時~市原スポレクパーク
・市原ラグビークラブ
現役 18~38才位まで
不惑 39才~動けるまで 
毎(土)10時~ 年中無休 
出光興産グラウンド
事務局・岩崎修一
メール iwasaki@rainbow.plala.or.jp
FAX 0436・74・9523

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る