体協通信

愛好者に支えられ50周年 市原市ラグビーフットボール協会

 昭和30年代中頃に京葉臨海工業地帯が造成され、地方より各企業が進出し、福利厚生の一環として多くのクラブが創部されました。昭和41年に高度経済成長と共に、市原市ラグビーフットボール協会が設立されて来年で50周年を迎えます。
 当協会の50年は、日本経済と社会のスポーツ愛好者に大きく左右されながらの歴史でありました。高度経済成長と共に大きく成長しましたが、オイルショックでは先輩諸氏が職場を去り、バブル崩壊後の経済低迷期では最小限採用により後継者不足のまま部員は高齢化し、企業クラブとしての活動が難しくなり現在の形態となりました。幾多の困難の中、多くのラグビー愛好者に支えていただきながら、50周年を迎えることとなります。
 現在は、協会事業として普及育成のラグビースクールやタグラグビー教室、生涯スポーツとしてのラグビー競技の普及において、18歳~動けるまでのチーム・現役と不惑の2部構成である市原ラグビークラブも創部され、活発な活動を行っております。平成24年から市原市ラグビーフェスタをオリプリスタジアムでトップチームを呼び、レベルの高い試合を市民の皆さんが観戦しており、関係者の努力で評価を得ているところから、今後も継続し実施していこうと思います。
 リオデジャネイロオリンピックから採用されます7人制ラグビー(セブンズ)は、市民体育大会でセブンズを採用し、現在では市原セブンズ大会へと進化し30年以上の歴史があり、千葉県内外のラグビーチームが参加して毎年開催しております。また、市原市市民大会では、リーグ戦秋季大会も実施しています。ぜひ、生涯スポーツとして楽しみましょう!
・市原市ラグビースクール
(日)9時~ 辰巳台東小学校 
・タグラグビー教室
1/11、2/8、3/89時~市原スポレクパーク
・市原ラグビークラブ
現役 18~38才位まで
不惑 39才~動けるまで 
毎(土)10時~ 年中無休 
出光興産グラウンド
事務局・岩崎修一
メール iwasaki@rainbow.plala.or.jp
FAX 0436・74・9523

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る