体協通信

愛好者に支えられ50周年 市原市ラグビーフットボール協会

 昭和30年代中頃に京葉臨海工業地帯が造成され、地方より各企業が進出し、福利厚生の一環として多くのクラブが創部されました。昭和41年に高度経済成長と共に、市原市ラグビーフットボール協会が設立されて来年で50周年を迎えます。
 当協会の50年は、日本経済と社会のスポーツ愛好者に大きく左右されながらの歴史でありました。高度経済成長と共に大きく成長しましたが、オイルショックでは先輩諸氏が職場を去り、バブル崩壊後の経済低迷期では最小限採用により後継者不足のまま部員は高齢化し、企業クラブとしての活動が難しくなり現在の形態となりました。幾多の困難の中、多くのラグビー愛好者に支えていただきながら、50周年を迎えることとなります。
 現在は、協会事業として普及育成のラグビースクールやタグラグビー教室、生涯スポーツとしてのラグビー競技の普及において、18歳~動けるまでのチーム・現役と不惑の2部構成である市原ラグビークラブも創部され、活発な活動を行っております。平成24年から市原市ラグビーフェスタをオリプリスタジアムでトップチームを呼び、レベルの高い試合を市民の皆さんが観戦しており、関係者の努力で評価を得ているところから、今後も継続し実施していこうと思います。
 リオデジャネイロオリンピックから採用されます7人制ラグビー(セブンズ)は、市民体育大会でセブンズを採用し、現在では市原セブンズ大会へと進化し30年以上の歴史があり、千葉県内外のラグビーチームが参加して毎年開催しております。また、市原市市民大会では、リーグ戦秋季大会も実施しています。ぜひ、生涯スポーツとして楽しみましょう!
・市原市ラグビースクール
(日)9時~ 辰巳台東小学校 
・タグラグビー教室
1/11、2/8、3/89時~市原スポレクパーク
・市原ラグビークラブ
現役 18~38才位まで
不惑 39才~動けるまで 
毎(土)10時~ 年中無休 
出光興産グラウンド
事務局・岩崎修一
メール iwasaki@rainbow.plala.or.jp
FAX 0436・74・9523

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る