愛好者に支えられ50周年 市原市ラグビーフットボール協会

 昭和30年代中頃に京葉臨海工業地帯が造成され、地方より各企業が進出し、福利厚生の一環として多くのクラブが創部されました。昭和41年に高度経済成長と共に、市原市ラグビーフットボール協会が設立されて来年で50周年を迎えます。
 当協会の50年は、日本経済と社会のスポーツ愛好者に大きく左右されながらの歴史でありました。高度経済成長と共に大きく成長しましたが、オイルショックでは先輩諸氏が職場を去り、バブル崩壊後の経済低迷期では最小限採用により後継者不足のまま部員は高齢化し、企業クラブとしての活動が難しくなり現在の形態となりました。幾多の困難の中、多くのラグビー愛好者に支えていただきながら、50周年を迎えることとなります。
 現在は、協会事業として普及育成のラグビースクールやタグラグビー教室、生涯スポーツとしてのラグビー競技の普及において、18歳~動けるまでのチーム・現役と不惑の2部構成である市原ラグビークラブも創部され、活発な活動を行っております。平成24年から市原市ラグビーフェスタをオリプリスタジアムでトップチームを呼び、レベルの高い試合を市民の皆さんが観戦しており、関係者の努力で評価を得ているところから、今後も継続し実施していこうと思います。
 リオデジャネイロオリンピックから採用されます7人制ラグビー(セブンズ)は、市民体育大会でセブンズを採用し、現在では市原セブンズ大会へと進化し30年以上の歴史があり、千葉県内外のラグビーチームが参加して毎年開催しております。また、市原市市民大会では、リーグ戦秋季大会も実施しています。ぜひ、生涯スポーツとして楽しみましょう!
・市原市ラグビースクール
(日)9時~ 辰巳台東小学校 
・タグラグビー教室
1/11、2/8、3/89時~市原スポレクパーク
・市原ラグビークラブ
現役 18~38才位まで
不惑 39才~動けるまで 
毎(土)10時~ 年中無休 
出光興産グラウンド
事務局・岩崎修一
メール iwasaki@rainbow.plala.or.jp
FAX 0436・74・9523

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る