更蝸(こうか)つれづれ 「更級日記」千年紀考

 2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上総の国府があった市原市で、兄・姉とともに多感な少女時代(10歳~13歳)の4年間を過ごした。「更級日記」の書出しは、上総の国からの帰京の場面にて始まる。「あづま路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを…」と語り、上総の国での思い、帰京の道中記、帰京後の都での生活、結婚及び老境までのおよそ40年間の人生を回想する自叙伝とも言える作品である。
 作者の夫は長男を連れ信濃守に就き、任務半ばで病気となり帰京、他界する。赴任先の更級郡には有名な「田毎の月」(国の重要文化財的景観地第一号)があり、その輝きを遠く離れ思い眺めていたことから、「更級」になったとも言われ感慨深く思う。また富士山の噴火記録「富士の山はこの国なり。わが生ひ出でし国にては西おもてに見えし山なり…山のいただきの少し平らぎたるより、けぶりは立ちのぼる。夕暮は火の燃えたつも見ゆ」も記載され、貴重な歴史書との評価も得ている。
「更級日記」には様々な見方・読み方があるが、市原に住む私にとっては、「更級日記発祥の地・市原」であり、郷土のお宝である。ギャラリーに掲示するキャラクター「更ちゃん(イラスト)」もかなり前に制作したもので、右手は明るい希望とわが郷土の未来・方向をしっかりと指し、左手の杖は長旅の必需品、郷土を支えるサポーター(市民)となる。元気あるこの姿は、来廊する方などから「可愛らしく親しみやすい」と、多くの好評をいただけた。今後も「不壊の魅力・更級日記」を、広く永く発信していければと思っている。

・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。
TEL.0436・98・5251

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る