天まで高く舞い上がれ

 1月25日、袖ケ浦市郷土博物館(館長 山田常雄)で『ミニ凧作り教室』が行われ、幼児から大人までの約80名が入れ替わり立ち替わり来場し、「自分で作って揚げる」凧の醍醐味を楽しんだ。同館友の会に属する『凧の会』会員の指導のもと、今回作ったのは袖凧。漁師の半纏の袖に形が似ていることから名前がつけられた千葉県の伝統工芸品だ。他の角凧などとは異なり、大きいものでも小さいものでも骨の数が変わらないのが特徴。「風さえあれば走らなくても99%揚がります」と太鼓判を押す。
 既に骨が装着された『チーバくん』などのキャラクターのミニ凧から好きな図柄を選び絵の具で色付けをしたら、同会のメンバーが糸と尾をつけて完成。更に興味のある人には、素材の話から糸の取り付け方まで丁寧に説明をしていた。凧には和紙、骨には3年ほど乾燥させて軽くしたマダケを使用している。
 孫のためにと色付けをし操り方を熱心に聞く男性や、凧に興味があって訪れたという女性も。「外で息子と一緒に凧揚げを楽しみたい」と小4男子の母親。
 外に出て、いよいよ凧揚げ開始。「すごい!」ぐんぐんと空高く揚がっていく袖凧に大興奮の子どもたち。引き糸の最大の長さ、80mの高さまで揚がっているものもあった。果てしなく広がる空に舞い上がった凧を眺めていると、心が解放されたような、何とも爽快な気分になる。
 同会会長の武田弘さんは「どこの地方にも独特の凧の形がある。この袖凧は、日本全国どこで揚げても千葉県のもだとわかるんだよ」と子ども達に向かって豪快に笑い、「郷土の伝統を引き継いでいきたい」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る