鹿児島出身、市原市美術会初代会長 画家・古城江観 「アトリエ記念の森」譲渡先を探しています【市原市】

 鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城江観(本名・古城三之助)をご存じだろうか。市原市菊間には、彼の自宅兼アトリエだった昭和モダン木造建築の家屋と、周囲の森約400坪が遺されている。 古城江観は明治24年、鹿児島県出水郡高尾野町(現出水市)に生まれた。市原市・南総病院で98歳で死去した後、ふるさとの高尾野町では町民葬が執り行われ、名誉町民となった。現在、出水市高尾野町郷土館・古城画伯コレクション館には、江観本人が寄贈した絵画作品や世界各地の民俗コレクションなど、約700点が展示されている。 江観は日本画家を志し、同郷の世界的洋画家・黒田清輝に若くして認められ、東京美術学校(現東京芸術大学)日本画科教授・福井江亭の指導を受けた。文展に入選するなど実績を積み、大正10年の帝国美術院出品作『筏2題』は英国王室が所蔵。33歳で日本を出、異文化の歴史や風物を求めて12年間、スケッチを描き世界を旅する。フランスにも滞在してサロンに18回入選、そのうちの『ジャワ漁村風景』はフランス近代美術館に買い上げられた。44歳で帰国し、日本各地で個展を開き、昭和になって師・福井江亭の別邸アトリエであった現在の市原市菊間へと移り住んだ。市原市美術会を設立したのが昭和38年、江観78歳のとき。続いて、市原市文化団体連合会を設立したのが昭和42年だった。
 自然を愛した江観は自宅の樹木も池もそのまま残し、息子でありガーデンプランナーの古城大陸氏が引き継いだが、大陸氏も今年80歳。年齢と健康上の問題で、以前と同じような管理が難しくなっている。「父のアトリエがある森は、長年子どもたちに解放して『想いでつくりの森』として手入れしてきました。しかし私が管理できなくなりつつある今、残していくには何らかの手立てが必要です。父が愛し、子どもたちが自由に遊んだこの森を、今後も文化拠点・市民のオアシスとして残していくため、再生・引き継いでくださる方に、無償で全譲渡を検討しています。個人・企業・NPOなど、問いません」とのこと。詳細等、問合せは古城氏へ。
TEL.090・5579・5898

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る